事業者--利便性に照らし

埋火葬許可証

納税者:建物の評価額を1億6022万円として申告鑑定評価税務署:減価償却後の帳簿価額2億6189万円が正当として否認審判所:バブル期に取得された建物なので、2億1447万円と評価結果として納税者が行った鑑定評価額よりは高いものの、帳簿価額よりも4742万円も下がったのです。

当社では他の税理士が作成した相続税の申告書を見せていただく機会もあるのですが、この評価額が検討されないまま、帳簿価額を申告書に載せているケースも散見されますバブル当時に購入したものでなくても、帳簿価額よりも時価が低くなっているものはたくさんあります。また、だから、これらを不動産鑑定による評価額で評価して、相続税、または、贈与税の申告で採用していくことは非常に重要なことなのです。

還付請求(正しくは更正の請求相続税については相続開始日から5年10カ月以内、贈与税については赠与した翌年不動産の評価の話に限りませんが、と言います)は、が原則的な期限となっています。土地等の評価額を見直し、還付請求の可能性を検討してみてください。
3月15日から6年以内、この期限内にいる方はぜひ、

同族会社の債務超過を、社長の資産で解消する

◆社長の個人資産も減らせて一石二鳥

今回は同族会社を経営している社長の相続を考えた場合に使える対策です。
社長個人が所有している土地建物を、同族会社に貸しているケースはよくあります。次のような手順により相続対策ができるのです。
この同族会社をA社としましょう。そして、A社は債務超過になっているとします。
町田市コミュニティバスこの場合、社長名義の建物を法人名義にし、社長名義の土地にA社名義の建物が建っている状態にし、土地の賃貸借契約を結ぶ社長の土地にA社名義の借地権が自動的に発生することになるOA社は借地権を無料で手に入れ、A社に借地権相当額の受贈益が計上される受贈益と過去から繰り越されてきた欠損金が相殺され、法人税はかからないOA社は債務超過が解消。
解消されなくても財務状態が改善されるあるいは、これを具体的な数字で考えてみましょう。

A社は債務超過7000万円欠損金7000万円社長名義の土地の時価1億円(借地権の時価を7000万円とする)社長名義の建物の時価3000万円帳簿価額も3000万円まずは、建物を3000万円で社長からA社に売却します。
1度に支払えなければ、分割払いでも構いません。もし、すると、「社長の土地にA社の建物が立っている」状態になります。そして、借地権相当額7000万円がA社の受贈益になります。一気にこの結果、債務超過7000万円と借地権の受贈益7000万円が相殺され、債務超過が解消されるのです。

贈与契約書

売却益が計上されず、不動産売却に伴う税金は発生しません。ちなみに、社長は帳簿価額3000万円の建物を3000万円で売っているため、さて、ここからが社長の相続の話です。

社長の土地1億円のうち7000万円はA社に移転しているので、これに関する社長の税金を心配される方もいるでしょう。しかし、この場合は原則として、社長に税金はかかりません。ここでは割愛します。
この方法は専門家にご相談の上、理由は専門的になりすぎるので、ただし、実行するようにしてください。今回は社長の建物を売却しましたが、これを贈与しても同じ効果を得られます。
なお、違いは建物の時価-帳簿価額3000万円も、法人の受贈益として計上されることです。
法人の債務超過が大きい場合、法人に建物を買う資金を捻出できない場合は赠与するt.の方法を行えば冈族会社はHHuaewnでき·かつ·社この方法を行えば同族会社は債務超過を解消でき、いずれにせよ、社長は個人財産を減らすことができます。かつ、該当する条件の方はぜひ、検討してみてください。

同族会社から回収できない貸付金も相続財産に?

◆確実なら除外も可能。

貸付金を消す方法もある中小企業の社長の相続でよく問題になるのが同族会社に対する貸付金です。

相続の放棄それが今後も返済される見込みは低いのに、同族会社の資金繰りが厳しい場合、社長が会社に貸した額が膨らみ、何年も返済できないということがあります。相続財産下記のような場合は相続財産から外れます財産評価基本通達205しかし、どんな場合でも相続財産になってしまうわけではなく、財産評価基本通達205。というこの表現はもう1度だけ使うので、覚えておいてください。
【社長の同族会社への貸付金が、社長の相続財産から外れるケース】会社が手形交換所の取引停止処分などを受けた場合債権者集会の協議などにより、債権が切り捨てられる場合金融機関のあっせんなどにより、当事者社長と会社が債権の切り捨てなどを行った場合回収が不可能、著しく困難であると見込まれる場合単に債務超過である、赤字である、返済能力がないなどの理由だけでは上記の条件には該当しません。

痛いムチ

これは国税不服審判所の裁決平成18年5月12日の中でもしかし、どんな場合であれば明記されています。では、「同族会社に貸した債権は相続財産とはならない」「額面ではなくて実質的価値で評価される」となるのでしょうか?これに関して、先ほどの裁決ではこう判断されています。
被相続人がA社に貸したお金は2億円相続人税理士は貸付金を約3170万円と評価し、申告

→資産、負債などをベースに計算A社は約23億円の債務超過A社はグループ会社のB社に営業譲渡し、清算→A社に対する貸付金2億円はB社に引き継がれない相続開始日に営業譲渡は確実ではあったが、営業譲渡契約はまだ締結されていない貸付金は2億円争ったのです。
この状況の中、税務調査においてと否認され、結果は、納税者が勝ちました。その理由は次のとおりです。

A社は資産状況、営業状況が危機的であったグループ会社のB社に営業譲渡することが確実だったので、貸付金の実質的価値で計算すべきである契約前だったとしても、財産評価基本通達205の内容は回収の見込みがないことが客観的に確実であればよく、債権の切り捨ての決定までは必要ない同族会社に対する貸付金が相続財産になり、というご相談はよくありますが、「回収の見込みがないことが客観的に確実」であれば、どうしたらいいか?
それなら土地のリースしかない!回収見込みのない部分は相続財産にしなくてもいいのです。「回収の見込みがないことが客観的に確実」何をもってと言えるかの明確な基準はありませんが、同様のことが起きている場合、対策を税理士に相談する必要があります。返済されない貸付金につき、非常に厳もちろん、これは相続発生後では遅く、相続発生前に絶対に対策しておくことです。残された相続人が相続税だけを支払うことは、いものがありますだからこそ、早めに手を打っておく必要があるのです。ぜひ、覚えておいてください。
貸付金を消す方法具体的には、また、もあり、実際に当社で提案し、実行したこともあります。次の2つの方法です。

◆方法その1

会社が銀行から1億円を借りる

税務調査対策不当な課税には反論も!金持ち一家の

相続税の税務調査が入りやすい要件とは?

一概に言えないが、

遺産総額3億円以上なら濃厚

◆相続税の税務調査は人生初という方も多いでしょう。

そこで、どんな場合に税務調査になりやすいのかをお話しします。