建築士なしで家が建つ

所有権移転登記

親の死亡時に子供名義の預金が発見された場合、税務に精通している者でない限り、親から子供に生前贈与されたものと考えることは自然この名義預金は、相続人が子供のころの小遣いや社会人になってからの収入を被相続人に預けていた部分が含まれるので、相続人の財産だと認識していてもおかしくない相続税の申告に際し、税理士から名義預金の説明等がなかったので、名義預金について理解しておらず、資料の提出をしなかった重加算税は取消しとなったのです。
これらの理由により、納税者の主張が認められ、調査官が過去の裁決等のすべてを把握しているはずもなく、税務調査の現場で交渉が終わることも少なくありません。

当然ですが、過去の事例を提示することにより、重加算税ですとの指摘を受けたならば、税務調査の現場もし、過去の類似事例を税理士に調べてもらい、で反論していきましょう。

預貯金等は、名義変更-贈与が成立しないColumn名義預金に関し、別の角度からお伝えします。
まず、相続税基本通達9-9をご紹介しますが、ここには次の旨が書かれています一部省略
不動産、株式等の名義変更があった場合で対価の授受がされていない場合、この行為は、原則として贈与とする。「お金を払わずに、株式等の名義変更をしたら、原則として贈与税の対象にしますよ」ということです。だから、不動産、贈与として扱い、不動産、株式等預貯金等しかし、ここではとは書かれていますが、とは書かれていません。
なぜかといえば、預貯金等の名義変更贈与と取り扱ってしまうと、税務署にとって都合が悪ぃからです。
名義預金がつくられた時点で、税務署がすべてを把握することは不可能です。
それなら土地のリースしかない!預貯金等の名義変更=贈与贈与税の時効原則6年、不正の場合7年もし、これをとしてしまうと、となってしまう贈与が、星の数ほど発生します。名義預金を税務署が発見した場合は、それでは困るので、「被相続人の財産として、相続税の課税とする」「贈与税の時効を迎えていなければ、贈与税の課税対象とする」という、どちらかの課税に至ることになるのです。実際は、時効が成り立っている贈与にも関わらず、相続税の課税対象とされているケースも少なくありません(本来は単に贈与税の時効という結論)。

相続でもめないための、遺言書と遺産分割の留意点

遺言書は遺留分を侵害しない内容がベスト

◆被相続人が相続に備えてやっておくこと

多くの方は節税ばかりに目が向きがちです。相続と言うと、それは次の2点です。しかし、実は節税よりも大切なことがあります。

省エネ住宅ポイント

どのようにすれば争わずに済むのか?どのように納税すべきなのか?もちろん、ここまで述べてきた節税対策は大変重要なものです。家族の中で資産をめぐる争いが発生し、相続が〈争続〉いつまでも遺産分割ができず、しかし、になってしまうと、税金が減る特例も適用できません。納税自体がすんなりできないとなると、節税の意味も薄くなってしまいます。10どのようにすれば争わずに済むのか?そこでまずは、について考えてみましょう。〈争続〉を避けるための1つの方法として遺言書の作成があります。
この遺言書の作成時に、遺留分を侵害しないような内容にしておくのです。被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に対して認められる相続財産の割合のことです。例えば、愛人にすべての財産を相続させる遺留分とは、という遺言書があったとしても、相続人は一定の財産を相続できる権利を主張できます。

遺留分を侵害していなければ、争うことはできず、遺言書の内容に不満がある相続人がいたとしても、遺言書の内容どおりに被相続人の財産が相続されることになります(被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合には遺留分はありません)。
50年以上では一般定期借地権相続人が被相続人の両親などの直系尊属のみの場合は被相続人の財産×1/3が相続人全員の遺留分、相続人が直系尊属以外の場合は被相続人の財産×1/2が相続人全員の遺留分となります次図参照
そして、相続人各人の遺留分は、遺留分全体を法定相続分第1章05参照で按分した割合となります。

遺留分を生前放棄してもらう手もある

◆被相続人が相続に備えてやっておくこと

愛人に財産のすべてを相続させる相続人には遺留分という一定の財産を相続する権利があるため、もしという遺言があったとしても、一定の財産は相続することができます。

例えば、配偶者と子供2人が相続人という場合、子供の遺留分はそれぞれにつき1/8となります第6章01参照

おじさんたちは

配偶者の遺留分は1/4·例えば「長男後妻の子供先妻の子供などの他の相続人から一定の権利を請遺留分を請求されるケースとしては、にすべてを相続させる」などの遺言書があった場合に、求されてしまうような場合が該当します。一定の財産をわたさなければならないのです。この場合、長男は、遺留分を請求してきた他の相続人に、被相続人の生前に相続人が放棄することもできます(相続の放棄は被相続人の生前にはできません)。しかし、この遺留分は、この遺留分の放棄が正当と認められれば許可されます。遺留分の生前放棄には家庭裁判所の許可が必要であり、裁判所のホームページの最新のデータ日本全国で1066件の遺留分の生前放棄が許可されています。
90%程度は認められているようです。平成25年では、また、家庭裁判所が遺留分の生前放棄を許可するかどうかの基準は次の3点です。

本人の自由意思による放棄か?放棄した理由に合理性、必要性はあるか?(例えば、農地を細分化することは非効率的であるためなど)代償性があるか?(放棄を条件に贈与してもらう、または過去に贈与してもらったなど)もちろん無理矢理に放棄させることはできませんが、自分被相続人が生きている間に先妻の子供などに一定の財産を贈与し、これを条件に遺留分の生前放棄をしてもらうことはあり得ます。
具体的には、遺留分の生前放棄を条件とした贈与契約書を交わすことなどが挙げられます。第1章02参照

相続人の構成が先妻の子供と後妻の子供「自分の配偶者と自分の親だが、仲が悪い」といったケースは珍しくありません。

建築士なしで家が建つ「遺言書+贈与など+遺留分の生前放棄」をセットとして検討してみるのも1つの方法です。これが家庭裁判所に認められれば、争いごとはなくなります。その場合は、遺留分の放棄は、なお、遺言書があることが大前提となります。被相続人が遺言書を書き忘れたまま他界してしまった場合などは、相続人全員で遺産分割をすることになりますので、注意してください。

相続人が先に他界するケースも想定しておく

◆被相続人が相続に備えてやっておくこと

被相続人が遺書を作成する際には、想定外の出来事に備えておくことも必要です。例えば、財産を相続させたいと思っていた子供などが、自分より先に他界する可能性もあります。次のようなケースがあります。
実際、高齢のAさんは妻に先立たれ、相続人は長男、次男という状況です。しかし、長男と次男は折り合いが悪く、Aさんは遺言を書くことにしました。その内容はAの全財産を長男に相続させるというものでした。
相続させる与える行為「そのように遺産分割をしなさいという行為」与える行為というのはではなく、とされています。