に投稿

一つの証拠

都市と農村の結婚

●各独立部分が課税時期前に継続的に賃貸されてきたものであること。●賃借人の退去後速やかに新たな賃借人の募集が行われ、空室の期間中、他の用途に供されていないこと。賃貸されていない期間が、課税時期の前後の例えば1カ月程度であるなど-時的な期間であること。●課税時期後の賃貸が一時的なものではないこと。これはあくまでも例示で、明確な基準ではありません。
この中に空室期間が1カ月程度1カ月~長くても数カ月と表現されていることから、評価減を採用するためには、空室期間がと考えている税理士も中にはいます。その考え方は保守的すぎるのです。
しかし、過去に税務署と争いになり、約9カ月間にわたって空室だったにも関わらず貸家建付地の評価が認められた事例や、約2年半もの間にわたって空室でも認められた事実際、例もあります。

当社が税務調査で対応した事例でも、約3年間の空室期間があるにも関わらず、否認されなかったものもあります。「ある程度の期間の空室貸家建付地の評価はできない」というのは間違った判断です。「空室に対して評価減を認められるか」について争われた事例だから、(平をご紹介します。
成21年10月13日裁決)賃貸建物の立て看板と毎月の不動産情報誌に掲載し、継続的に入居者の募集を行っていた

約9カ月にわたり、

空室の一部屋があった·約9カ月間空室となった特別の理由はないが、転勤や新入学等の時期からずれると、入居者はなかなか決まらず、長期に空室となる場合がある物件であった空室期間において、賃貸用以外の用途に使用はしていないアパート等の賃貸住宅が林立しているこの物件の周辺には、税務署は空室部分に対応する評価減は認めないとして、争いになったこの前提に対して、国税不服審判所は納税者の主張を認め、下記と判断しました。
課税時期相続開始日、贈与した日前後における空室期間だけで判断するのではないどのような状況下において空室期間が生じていたか等の諸事情をも総合勘案して判断すべき継続して本件不動産管理業者に委託し、空室になった場合の入居者募集等を含めた不動産賃貸に関するほとんどの業務を行わせ、継続的に賃貸に供されていたことが認められるこの物件の周辺には賃貸住宅が林立しており、空室が発生したからといって、すぐに新たな賃借人が決定するような状況ではなかった一時的な空室にすぎないため、評価減は採用してOK賃貸アパートなどでは、人口減、世帯数減などにより空室が埋まりにくいケースもありますが、状況次第では空室に対応する部分も評価減が認められるので注意が必要です。

節税目的で金の仏具を購入するのはムダですColumn純金の仏具テレビ等で報道されています。

子供は1人であきらめるのか?相続税の節税対策として、を購入する方が増えていると、墓地や墓石、相続税の計算上は非課税現預金純金の仏具に変えておけば、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしている物は、となるからです。生前にを節税になると思ってのことでしょう。「商品、骨とう品又は投資の対象として所有するものはこれに含まれない」投資対象になるようなものは対象しかし、相続税基本通達12-2に、という記載がありますので、外です(もちろん、日常的に仏具として使用しているならば、純金の仏具でも非課税となります)。
節税対策として、例えば1000万円の純金のおりんを購入した場合、それは本当に節税になっているのでしょうか?下記の前提条件で考えてみましょう。
では、母が被相続人の第二次相続父はすでに他界し、相続人は子供3人基礎控除の相続財産は3億円1人1億円→基礎控除額は3000万円+600万円3人4800万円→財産総額は3億4800万円計算してみると、この場合、相続税の総額は1億円30%-700万円3人=6900万円となります。

被相続人である母が1000万円の純金のおりんを購入した場合、x相続税の総額は約6600万円になります。つまり、300万円の得をしたことになるのです。日常的に使ってはいたものの、さて、この純金のおりんは、もともと節税対策のため購入されたものなので、相続人は相続税の税務調査後に売却することにしました。そこで問題になるのが売却金額です。かたまりおりん「金のこの場合はとしての価値はなく、塊としての価値になります。
」購入時と相場があまり変動していなければ、そうなると、おおよそ半分の価値になってしまいます。1000万円500万円500万円の損失です。

地方における安定した雇用を創出する

持続可能な発展

貸付金は2億円
ということは、で購入したおりんは、の価値になってしまい、

つまり、300万円の得をするために500万円の損をしたというわけです。
日常的に使い続けるいずれ売却する予定があるならば節税対策の意味で行うならば金の仏具は、ために購入した場合においては節税効果がありますが、全く意味をなしません。もっと言えば、相続税の税率が50%,55%となる方はほとんどいません。
ここは誤解が多い部分なので、覚えておいてください。

節自社株、貸付金……同族会社の相続の盲点とは?不動産、

融資を受けるだけ

で株価が下がる会社がある中小企業の株式は上場株式等と違い、後継者不在等の理由でM&Aにより売却しない限り、換金することはありません。しかし、そういう株式であっても、贈与や相続をする場合は、贈与税や相続税の対象となります。
とくに優良企業の場合、その株価が高く、税負担が重いこともあり、その税対策が必要になるのです。原則として下記の計算方法で株価を評価します。

中小企業の事業承継に際して、株式を同族間で贈与または相続する場合、類似類似業種比準価額以下、と言います→上場会社の株価を考慮して、計算する価額純資産純資産価額以下、と言います→その時点で会社が解散した場合の価額·これらのミックス→類似と純資産のミックス割合は50~90%で会社の状況による一般的に、算出した株価は類似より純資産そして、のほうが大きくなることが多いので、下記の考え方が成り立ちます。
類似だけで評価できれば株価は低くなる→従業員が100人以上の会社は類似だけで計算できます→従業員が100人未満でも売上などにより類似だけで計算できます類似をミックスする割合が高いと株価は低くなる類似だけで評価できなくても相続税や贈与税の計算をする場合、売上高によって、「類似をミックスする割中小企業は、従業員数、総資産価額、次のように区分されます。

それぞれの区分に応じて、合」が異なるのです。

大会社……類似だけで評価できるミックス割合は1.00中会社(中会社はさらにその中で3区分に分かれます)中会社(大)ミックス割合は0.90中会社(中)ミックス割合は0.75中会社(d)ミックス割合は0.60小会社……ミックス割合は0.50大会社、業種ごとの総資産価額等によって左ページの表のようになっています。
建築士なしで家が建つそして、中会社、小会社といった規模の判定基準は、類似<純資産という前提で考えれば、だから、会社規模が大きくなったほうが株価が低くなり、事業承継に有利になるのです。規模の判定は、総資産価額(帳簿価額ベースで、時価は関係ない)、従業員数、売上高によって変わるので、なんとかできる要素とできない要素があります。この中で総資産価額現預金が増えれば、総資産が増えることになります。
融資を受けるだけで会に関しては、どんな会社でも期末直前に融資を受け、ということは、社規模のランクアップになり、株価が下がる場合があるのです。これらの基準をクリアしても、この総資産価額の基準だけで決定されるものではありません。もちろん、従業員数、売上高の判定もあるので、融資を受けるだけで総資産額が増え、会社のランクアップになる場合は確実にあるのです。

ただし、「社長が高齢でいつ他界してもおかしくない今はお元気であっても」、ガンなどを告知され、期ごとに「このとくに、ある程度の死期が予測できている」という会社は、基準をクリアするための融資を検討されることも1つの事業承継対策です。みなさんの会社は「融資を受けるだけで、株価が下がる会社」でしょうか?当然ですが、期末を越えた後に融資を受けても意味がありません。
融資を受ければ、「ランクアップできるならばいくら借りればOKなのか?」もし、これに該当する可能性がある場合は、会社規模のランクアップができるのか?を検討する必要があります

赤字だから株価が低い

は大間違いです!中小企業の事業承継を考えた場合、「赤字で株価が低くなっているので、贈与するタイミングだ」と思われている方が多いです。
多くの方がご存じありませんこれには大きな落とし穴があるのですが、その落とし穴とは、前の項目の内容で述べた下記の部分に関することです。
類似だけで評価できれば株価は低くなる→従業員が100人以上の会社は類似だけで計算できます→従業員が100人未満でも売上などにより類似だけで計算できます類似だけで評価できなくても類似をミックスする割合が高いと株価は低くなる次の3つの条件に該当する会社は赤字だから株価が高くなるとなってしまう場合が多いのです。

しかし、これは絶対ではありません。

純資産はプラス債務超過でない過去の業績は良かったので、→表面上は債務超過でも、土地の含み益でプラスになる会社も含みます2期連続で配当していない→中小企業の場合は一般的なことです2期連続で赤字である·スポット的な収益を除いて判断します→生命保険の解約返戻金など、具体的に解説していきましょう。

前提条件を以下のとおりとします。類似300円1株あたり純資産5000円1株あたり

社長の持株数2万株先ほどの要件を満たしてしまうと、株価の計算は以下のようになります。

基礎控除額

不動産価値は地価

この場合、算式は類似×25%+純資産×75%となります→300円×25%+5000円×75%=3825円算出した株価に社長の持ち株数をかけて、社長の財産額を計算します2万株=7650万円→3825円「この会社の従業員が100人以上であって、本来なら類似だけで計算できる場合であったとしても」これはこうなります。
類似だけで計算した株価は300円2万株=600万円だったのですが本来の類似のミックス割合が50~90%という会社であっても、同じ算式で計算することになってしまいます。

また、従業員が100人未満の会社で、この3つの条件に該当する会社は、類似×25%+純資産×75%という算式で評価され、会社規模がどうであれ株価が跳ね上がる可能性があるのです。贈与を行うときには、事前にこの3つの条件に該当しない状況を整えることが重要になってきます。
そこで、方、相続人の死はいつ来るかわからないため難しいところですが、ある程度の死期が予想できる場合には、贈与の場合と同じく対策が可能です。となると、3条件を満たさないためには、下記対策が考えられます。
株主に配当を出す続ける→人の死はいつ来るかわかりませんので、少額でも配当を出しことも対策の1つです役員報酬を減額するなどして、利益を出す→役員報酬の額は役員退職金の額に影響するので、注意が必要です。

給与を減らす対策も考えられます他の親族の景気が上向いてきた要素はあるとはいえ、まだまだ赤字の中小企業が多いです。だからこそ、赤字だから株を贈与しようと考える方も多いのです。赤字は株価を低くする要因にはなりますが赤字株価が低いご注意いただければと思います。ではありません。
ここは多くの方が誤解されている部分なので、

借地権がなくても、株価計算では計上が必要

後継者に株式を段階的に贈与している会社はたくさんあります。

事業承継を考え、般的な贈与の場合、贈与額が110万円を超えれば、株価計算贈与税を支払う必要があり、その際に必要なのがです。
しかし、これに関して、税理士が間違っていることも多いので、株式を贈与される場合は次のポイントを必ずチェックしてください。個人の土地に法人が建物を建てているパターンで、説明していきます。

09·土地所有者……社長、役員などの同族関係者建物所有者同族会社借地権は存在していない前提→個人の土地に法人の建物が建っているので、原則的には借地権が発生している→地代が税務上の適正額(相当の地代と言います)借地権がない確認書(土地の無償返還に関する届出書だったり、と言います)を提出していたりする場合は、借地権がないと考えるここで2つの大きなポイントがあります。
この法人には借地権という資産、権利はないしかし、株価計算では借地権を資産として計上する必要があるこのが非常に漏れやすいのです。純資産価額の計算上、借地権に関して土地評価額×20%を計上しなければなりません。

株価計算の明細書の中の、「第5表本来、1株当たりの純資産価額相続税評価額の計算明細書」計上されているかをチェックしてください。に、今回のケースに該当するパターンであれば、借地権が貸借対照表に計上されていないとしても、土地評価額×20%が計上されていなければなりません。
ここに

計上されていなければ株式の過少評価税務調査で指摘されれば過少申告加算税の対象になります。

事業者--利便性に照らしとなり、そのお客様の顧問税理士にこの株価計算について説明したことがあります。「そんなことは今までに実際、私がセカンドオピニオンを請け負っている顧問先では、しかし、1度もやったことがない」との一点張りで全く理解しませんでした。過去に行った同じケースの株価計算は、ということは、すべて間違っていたのでしょう。不動産の評価間違いは株価に大きな影響を与えるので、怖いことです......。
今回の内容は「地代が税務上の適正額相当の地代である場合」、借地権がない確認書土地の無償返還に関する届出書土地評を提出している場合を前提とした、価額×20%を計上するケースでした。
地代が適正でない場合に計上する金額は、違う計算式となります。これは非常に複雑な計算式なので、ここでは割愛します。
ただし、

会社の不動産を時価で評価してもいい?

中小企業の会長や社長などが亡くなった場合、

この株式も相続財産となるので、評価額がいくらになるのかは重要な問題です。事業承継を考え、株式を贈与する場合も同じです。
路線価固定資産税評価額をベースに計算するのが、とくに会社で不動産を所有している場合、その評価額によっては株価が大きく変動します。
土地は建物は原則的な計算方法です会社がただし、相続、または、贈与の発生前3年以内に、取得した土地、家屋、附属設備、構築物の評価額は特別な取扱いがあります個人にはこの適用はありません。この場合、下記の評価方法となっています。

相続、通常の取引価額または、贈与の日におけるにより評価するこれらの帳簿価額が相続、通常の取引価額または、贈与の日におけるである場合、帳簿価額を評価額とすることができる贈与の日前3年以内に会社が取得した土地等は、だから、相続、または、帳簿価額そのままで評価されていることも多いのです。
これは帳簿価額=通常の取引価額上記この末尾はできるしかし、であるという前提を持ち、という表現になっていることから、帳簿価額が絶対的な評価方法であるわけではありません。これについて争われた裁決があります平成10年6月5日

この事例では相続開始前3年以内に会社が取得した建物の評価につき争われ、双方の主張、また国税不服審判所の判断は下記となりました。
借地権つき分譲住宅

に投稿

入居者専用の駐車場

生活費として必要かどうか

100万円+50万円×0.03x200m-2億300万円側方路線影響加算率状況によって変わる※0.03は、どのようにすれば、この場合、相続税の節税対策になるのでしょうか?

土地の利用の仕方による節税対策相続開始前の対策

◆土地の利用区分を2つに分ける節税対策が考えられます。

例えば、この場合、この土地を下記のように利用するとします。

に子供の自宅を建てるA部分100m2残ったB部分1001m2を賃し駐車場とするBの土地が1つの道路にのみ接するようにする分筆土地の地番を別にすることする必要はないこの条件で計算すると以下のようになります。子供の自宅の評価A部分100万円+50万円0.03x100㎡_1億150万円貸し駐車場の土地の評価B部分50万円5000万円100㎡これらを合計した土地の評価は、1億5150万円すると、利用区分を分けない場合と分ける場合の差は、「2億300万円-1億5150万円-5150万円」となり、約5000万円の評価減になるわけです。

アパートにすれば、土地の評価は貸家建付地になるのでもっと下がり、約4000万円になります。なお、この貸し駐車場にした部分ですが、

遺産分割の方法による節税対策相続開始後の対策

◆相続発生後でも、

ようなことは、遺産分割の方法により達成することができます。と同じ例えば、相続開始前の更地の状態のままだったとしても、A部分とB部分を分筆するでは利用区分で考えているため分筆は不要でしたが、こちらでは必要です。→A部分を長男が相続するB部分を次男が相続するという方法でも同じ効果が得られます。の場合は取得者ごとに土地を評価するからです。
入居者専用の駐車場1人が相続しても2人の共有で相続したとしても、(1つの不動産を共有で相続することは、将来的に所有者が分散するリスクが1つの土地は、その評価額は変わりませんやるべきではありませんが)。あるので、分割しても問題ない土地がある場合は必ず検討すべき項目です。ただし、不動産を分割してからそれぞれに相続した場合、この例のように評価額が下がることもあるので、これは単純な方法ですが、見落とされているケースもあります。
事後的に気づいてこの方法を実行しようとしても、後の祭りとなってしまうのです(納税者に有利な遺産分割を提案しなかったとして、税理士が損害賠償責任を負わされた事例もありますので、税理士の方は注意が必要です)。

【分割の注意点】次の図のような、普通ではあり得ない形に分割しても意味がありません。
分割すること自体はできても、相続税を計算する上では不合理分割分割に際しては、という取土地全体で評価することになるからです。
り扱いになり、それぞれで評価するのではなく、何よりも所有者が分かれることにより、土地の有効利用とこれでは節税にもならないし、土地が使いにくくなってしまいます。

土地を分割して相続することを考えるなら、いう意味からも合理的な分割を考えましょう。なお、ここでは綺麗な四角形の土地をベースに考えましたが、実際の土地はいろいろな形をしています。その分割が合理的であれば、これが意図的であったとしても土地の評価額は下がる可能性があります。結果として、分割後の土地の形が悪くなる可能性もありますが、将来的に建物をどう建てるかなどの問題もあるので、ここは分割後、税理士だけでなく、建築士などの専門家も含めて相談するといいでしょう。
それに伴い、そうすれば、この遺産分割を前提として、被相続人のお金を使って生前に土地を分割しておくことも検討しましょう。測量費、分筆登記の費用の分だけ相続財産が減るからです。
地域によっても変わってきますが、が使えず、なお、500m2以上などの土地は、分割すると、広い土地だから使える評価減の特例次項参照むしろ評価が上がってしまう実際に計算して比較してみることが重要です。可能性もあります。
だから、

広大地でのアパート建築ちょっと待った!

◆建てないほうが得かも?

棟数などの条件によっても変わる相続税の節税のためにアパートを建てて土地の評価を下げる、という選択はしばしば検討されることです。
代償性があるか?

借金をして

贈与する総額が決まっている
こうだいちアパートを建てることで土地の評価が上がってしまうケースがあります。その土地が広大地しかし、それは、に該当する場合です広大地簡単に言えば、原則として500m2以上の土地(地域によって違う。300㎡以上でも適用がある場合あり)のことです。とは、1筆で500㎡の判定ではなく、されます。
原則として、その利用状況全体で判定この広大地に該当した場合、500m2以上の土地は50%前後の減額率を採用することができます。アパートなどを建築した場合の土地の評価額は、方、駐車場などの更地の評価額に比べて約80%です。ということは、減額率は約20%です。これに該当する土地にはアパートを建てずに、そのままにしておいたほうが土地の評価額は低くなる可能性もあるのです。だから、具体的に計算してみましょう。
広大地は以下の記算式で土地を評価します。
路線価×(0.6-0.05×地積/1000m2)×地積前提条件として、ここにアパートを建築するとします。駐車場として使用していた土地(1000m2で、この地域の借地権割合は60%)の更地評価額を1億円とします。

駐車場のままの場合1億円(0.6-0.05×1000㎡/1000㎡)5500万円アパートを建てた場合1億円-1億円18%-8200万円※借地権割合が60%の地域の場合、160%借地権割合x30%借家権割合減額率はとなります。
で18%

計算してみると3200万円-5500万円-2700万円となり、駐車場のままにしておいたほうが、2700万円も土地の評価が低くなります。500㎡以上の土地にアパートなどを建てると必ず損する、もちろん、ということではありません。

この場合は土地の形が悪いことによる評価減も採用できますが10の場合は採用できません、ここでは考慮していませんので、もっと評価額が下がる可能性もあります。現実問題としては、1000m2の土地ならアパートが数棟は建つので、そのアパートが建っている土地ごとに評価します。これによる評価減もあるかもしれません。預貯金、または、借金をアパートの建築資金とすることにより、相続税対策もできます。
損することもあり得るしかし、ことを覚えておいてほしいのです。相続税対策は部分的ではなく、総合的に行わなければなりません。
さまざまな方法を検討して、最も得になる方法を選択すべきなのです。

広大地

を利用区分で分けると損をする理由子供に贈与するのも手

◆すでに賃貸物件が建っているなら、

更地を用途ごとに複数に分けたりといった、利用区分この章では、入居者だけでは埋まらない駐車場にコインパーキングを併設したり、1カ所の土地のを分けることによって土地評価額を下げるなどの相続対策についてお話ししてきました。
事業者--利便性に照らししかし、先ほど述べた広大地の場合は、利用区分を分けることにより、逆効果になってしまう場合もあるので、注意が必要です。自宅の土地が広大地ここでは、だった場合を例にとって考えてみます。この土地の所有者は、不動産業者のすすめで土地の一部に賃貸物件を建築しました。広大地自宅のままであれば、しかし、この土地はに該当し、大幅な評価減が採用できる土地でした。
例えば、路線価が20万円ならば、500m2の土地で、その評価額は”20万円×(0.6-0.05×500/1000)x500m-5700万円となります般的な土地として”20万円×500m-1億円と計算する場合に比べ、つまり、42.5%の評価減になるのです。自宅の土地は330㎡まで、さらに80%減額となる特例があります。
その上、この土地に賃貸物件対応する敷地250m2自宅と賃貸物件は利用区分ごとに評価することになります。しかし、を建てた場合、自宅250㎡、賃貸物件250㎡となり、広大地の評価減が採用できなくなってしまうのです。
結果、広大地に該当しなくなってしまい、地形が悪ければもっと評価減がとれますが、ちなみに、賃貸物件が建っている土地は貸家建付地の評価減が採用できますが、それは2割程度の評価減です。そこまで緻密な比較計算をしている事例は少ないでしょう。

節税を考えた相続税対策増税となる逆』相続税対策結果、がになっていることもよくあるのです。子供将来の相続人地代を取らず、こういう場合には、に建物を贈与し、使用貸借無償で貸すこととする方法もあります第2章02参照。利用区分ごとの土地評価ではなく、この場合は、土地全体を一体で評価することになり、広大地の評価減が採用できるからです。

建物の評価額が相当額になるならば、相続時精算課税制度2500万円まで贈与税がかからない第1勝06参照による贈与も検討すべきです。

構造改革特区

若返り化

そうすれば、土地について賃貸物件があるという点での評価減は採用できませんが、より多額になる上記の広大地の評価減を採用することができます。賃貸物件からの収入も子供の収入となるので、さらに、将来の相続税の納税資金の貯蓄にもなります。緻密な試算をした上で、子供に建物を贈与するべきかどうかの判断を行うことが重要です。
もちろん、このようなケースでは

申告時に採用するほうが有利土地の評価減は、

◆還付請求すると、

納税側が立証責任を負うことに「この土地の評価について、相続税の申告をする際、税理士が00という減額方法は採用できるだろうか?」と迷うことがあります。
「この土地の評価は減額できる可能性もありますが、その際、お客様=相続人否認される可能性もあります。どうされますか?」と相談することもあります。にこういう相談がある最も多いケースは広大地の評価です。納税額にも大きく影響するので、これに該当した場合は必ず採用する方法なのです。
広大地は微妙な要素も含むため、判断が難しい場合も多いのです。しかし、最初の申告では広大地の評価をせずに、「還付請求ができる期限内に広大地の評価をして、還付請求する」ということもよく行われています。ですから申告、納税する→この手順が取られるのは、次のようなメリットとデメリットが生じるからです。

「最初の申告で広大地の評価をしなかった」場合のメリット最初の申告では広大地の評価減をしていないので、否認リスクはない還付請求が認められなければ、還付されないだけ還付されれば、還付加算金-利子がつく最初の申告で広大地の評価をした場合のデメリット否認されれば、過少申告加算税がかかる·不延滞税も1年分かかる(何年もかかると勘違いしている方もいますが、間違いです)·相続税の本税そのものは「最初の申告で広大地の評価をしない場合は、その分は最初に支払う」「広大地の評価減を否認された場合はその分は追加で支払う」というだけなので、本税はリスクではありません。

リスクはあくまでも過少申告加算税と延滞税なのです。ここからが本題です。ここまで読んでいただくと最初の申告は広大地の評価減をせず、還付請求する最初の申告で広大地の評価減をし、申告するを選んだほうがいいような気がすると思います。

という2つの方法のうち、私はこういうケースではをおすすめしています。もちろん、納税者である相続人の選択になりますが、なぜならば、リスクを抱えるだけのメリットがあるからです。
具体的には次のようなことです。

最初の申告は広大地の評価減をせず、還付請求する場合広大地であることの立証責任が納税者側にあり、広大地の評価減が認められない可能性も出てくる最初の申告で広大地の評価減をし、申告した場合否認する場合の立証責任は税務署側広大地の評価減が認められる可能性が高くなるにあり、立証責任が誰にあるかです。
ここで重要なのは、このように、この場合に比べ認められる確率が高くなります。最初の申告で広大地の評価減を採用した場合、否認する場合の立証責任は税務署側にあるため、最初の申告で採用しておけば認められるのに、最初の申告では採用せずに後で還付請求しても認められないということが実際に存在するのです。

だから、還付請求であれ、最初の申告であれ、税の評価基準は同じなので、おかしいかもしれませんが、これが現実なのです。ここで例に挙げた広大地に限らず、相続の申告における土地評価は微妙な要素を含むことが多いので、判断が難しい-明確な規定がないこともあります。

50年以上では一般定期借地権同様のケースがあるならば、この内容を思い出して判断材料の1つにしてみてください。相続税の還付請求よく行われています。はよくあることなのです。なお、は、それだけで1つの市場ができているほど、それだけ、税理士の土地評価ミス過大評価還付できるかどうか(-最初の申告が間違っていたかどうか)チャレンジする価値はあります。
還付されなかったとしても、ですから、はともかくとして、それだけですか

税理士も間違える?不動産知識の落とし穴

◆相続に詳しい税理士は少ないからこそ、

判断の基準を持とう00科依頼しようとしている税理士が相続税に詳しいかどうかを、相続に詳しい税理士は多くはありません。
医師のようにと看板を出しているわけではないので、完全に見極めることはできません。しかし、判断の参考となる事柄はあります。それは税理士が間違いやすいポイントなどを何気なく質問してみることです。自分の相続と関係ない場合には、「友人のお父さんが亡くなって相続税を申告するのですが、と聞いてみるのも有効です。
こういう場合はどうなるのですか?」過大納付額も大きくなるので注意が必要です。次のような不動産の評価について質問してみるといいでしょう。
とくに土地の評価ミスは金額が大きくなることも多く、

◆時価が路線価を下回っている土地でも、

路線価で評価しないといけない?路線価が付されている地域にある土地の場合、路線価で評価されることが大半です。
時価<路線価しかし、となっている場合には、不動産鑑定士による鑑定で評価する方法などもあり得ます。
路線価で評価するしかありません路線価で評価することは間違いではありませんが、と言われたら、その税理士は相続税にあまり詳しくないと考えたほうがいいでしょ

◆アパート2棟が建っている1つの土地の評価

1つの土地にアパートが2棟建っている場合、それぞれのアパートが建っている土地ごとに評価することになります。

この土地の評価額は全体で評価するのではなく、2筆以上に土地が分かれていても、1カ所にまとまっていれば、筆は関係なく、ただし、相続税では1つの土地と考えます。利用区分で考えるのです。それぞれの土地に分けて評価したほうが低くなることが多いのですが、これを全体で評価し、高い評価額のままで申告書が提出されていることもあります。

◆セットバックが必要な土地の評価

道路の幅を確保しなければならない場合があります。
現状は自分の土地の一部であっても、将来、その建物を建て直す際などに、現状よりも道路の中心から2m後退し、建て替えの際などには道路として提供しなければならないということです。この後退部分がセットバックの必要な部分の土地となり、セットバックが必要な土地がどうかは現地調査、この部分の評価は通常の評価の30%となります。

お父さんこの次はグアムね

に投稿

子供は1人であきらめるのか?

それなら土地のリースしかない!

しかし法律上の制限はありません),相続を放棄すべきか、財産と債務が複雑で、限定承認すべきかの判断に迷う場合は、この期限を延長しておきましょう。

限定承認相続人の一部は相続を放棄し、残りの相続人は限定承認することも可能です。また、の手続きは、複数の相続人がいる場合は、相続人全員で行います。その際、相続を放棄した人は最初から相続人でなかったとされるからです。

限定承認の具体的な手続きは、相続開始を知った日などから3カ月以内に財産目録を作成し、相続人全員で家庭裁判所に申述書を提出します。ただし、限定承認をする場合には、その対象になった財産は被相続人から限定承認をした相続人に譲渡されたものとして取り扱われます。被相続人の所得税の準確定申告をしなければなりません。

したがって、相続開始を知った日から4カ月以内に、この準確定申告に伴い、納付すべき税金が発生する場合、それは被相続人の債務となり、他の債務と合わせて考える必要があり、この債務全体をベースに限定承認の手続きを進めるべきなのです。

遺産分割が整わなくても、特例は確保できる

◆取り急ぎ申告期限後3年以内の分割見込書

を提出相続税の申告、納税の期限は、死亡日から10カ月以内です。原則、しかし、それまでに遺産分割がまとまらないことはよくあります。

配偶者の税額軽減の特例、「自宅の土地の評価が330m2まで80%減額の特例」この場合はなど、特例の適用を受けられなくなってしまいます。申告期限までに申告期限後3年以内の分割見込書を提出し、3年以内に遺産分割できれば、それでは納税額が大きくなるので、これらの特例を受けることができます。3年以内に分割できない場合は、「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請書」を、3年を経過する日の翌日から2カ月以内に提出しただし、なければなりません。
この申請書のことを承認申請書と記載します。以下、この「3年を経過する日の翌日から2カ月以内」これを過ぎると上記の特例を受けることができず、は、1日たりとも遅れることができません。

相続税が増えてしまうのです現場レベルの問題で言うと、最初の申告をした税理士「遺産分割後の還付請求を行なう税理士」が違うということもあります(還付請求を行う時点で、最初の申告をとした税理士が死亡している場合もあります)。
北中曾根を考える会また、これらの税理士が上記期限のことを説明しておらず、損害賠償に発展することもあります。こうなっては相続人、税理士ともにハッピーな結果ではありません。相続人は、税理士が説明を忘れているかもしれないので、次のチェックをしましょう。
申告期限までに申告期限後3年以内の分割見込書の提出3年を経過する日の翌日から2カ月以内に「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請書」の提出最初の申告をした税理士きちんと説明した旨を書面に残し、余談ですが、もし税理士の方がこのケースで言うところのの立場になった場合は、相続人から確認印をもらうことが重要です。

自分がきちんと相続人に説明したにも関わらず、「遺産分割後の還付請求を行う税理士」これは、引き継いだが手続きを忘れてしまうことがあるからです。これによって、

いわれのない損害賠償請求がされないとも限らないので注意が必要です。

自分が「遺産分割後の還付請求を行う税理士」また、の立場になった場合は、提出済みの書類の確認、承認申請書の提出期限に注意しましょう。繰り返しになりますが、この承認申請書は1日たりとも遅れることは許されないのです。

遺言書どおりに遺産を相続しないケースとは?

◆特定の財産の相続人がもらう権利

を放棄することは可能例えば、自宅の土地を次男に相続させる子供(長男、被相続人が遺言書を遺しており、という記載があったとします。
相続人は、配偶者、次男)の3人とします。次男は他の相続人との遺産分割協議を行わずに、自宅の土地の相続登記を行うことができます。この場合、次男自身が「自宅の土地は長男が相続すべきで、自分はいらない」しかし、などの考えを持っているケースもあるでしょう。こういう場合にまで遺言の内容を強制することは、実情にそぐわないことになります。
特定の財産をわたすいつでもその遺言の内容を放棄できます。そこで、遺言書に旨の記載がある場合、その財産をもらう人は遺言者の死亡後、これについては特定の様式はないため、口頭による意思表示も可能です。この効力は遺言者の死亡時にさかのぼって生じます。

売れる住宅

農業振興地域

東京-鹿児島
この放棄をした場合は、ただし、錯誤による無効、強迫などの場合を除き、原則としてその撤回ができないので注意が必要です。相続人が遺言による財産をもらう権利を放棄したとしても、相続の放棄をしたことにはなりませんので、ご安心ください。しかし、この放棄があった場合、被相続人の財産は、相続人全員で遺産分割協議を行うことにより分割でき、遺言書は初めからなかったものとされます。
「全財産の3分の1を次男に相続させる」というような財産の全部、割合しかし、遺言書の内容が、または一部をあるでわたす旨の記載である場合は、取り扱いが変わります。もらう権利を放棄したいならば、自分が遺言によりもらう財産があることを知った日から3カ月以内に、家庭裁判所に放棄の手続きをしなければこのような遺言書の場合、なりません。
この遺産分割協議書の中で何ももらわない旨の記載をすれば、ただし、この期間を過ぎてしまったとしても、他の相続人と遺産分割協議をすることはできます。だから、実質的には遺言で財産をもらう権利を放棄したことと同じになります。
もちろん、この遺産分割協議で財産をもらうこともできます。ここでは、前者も後者も遺言により相続人に財産をわたすことを前提としました。しかし、遺言により財産をもらう権利がある人が相続人以外だったらどうでしょうか。

前者の遺言ならば上記と同様、いつでも放棄が可能で、この場合、遺言書の内容をなかったものとできます。
もちろん、もらうこともできます。
相続人以外の人しかし、後者のケースの遺言で3カ月間を過ぎてしまうと、が遺言の内容を放棄したい場合、相続人と一緒に遺産分割協議を行ない、その中で何も引き継がない旨を記載する必要があるのです。この場合は遺産分割協議の中で財産をもらうこともでき、実際に引き継いだ結果が遺言書に記載された割合と異なることもあり得ますが、これはとくに問題ありません。

相続を放棄しても生命保険金は受け取れる!

◆受け取った生命保険金への相続税は発生します

被相続人が債務超過の場合など、相続人が家庭裁判所で相続の放棄を手続きすることがあります。「相続を放棄した相続人を受取人とする生命保険契約」この被相続人の死亡に伴う生命保険金を、相続を放棄した相続人が受け取ることはできるその際、があったとして、のでしょうか?生命保険金は相続人が相続を放棄していたとしても保険金受取人この場合、に支払われます。
なぜならば、受取人の固有の財産被相続人の遺産とは別のもの生命保険金はであり、と考えるからです。この生命保険金に対する相続税を支払うことになります(これは相続人以外が生命保険金を受け取った場合も同じ考え方です)。

そして、相続を放棄しても生命保険金は受け取れますので、「このままでは子供たちに何も遺してやれない」掛け捨てで毎月の負担が少ない生命保険に加入することもという場合、1つの方法です被相続人の死亡に伴って生命保険金が支払われた場合、相続税の計算上、500が生命保険金の非課税金額となります(法定相続人の数とは、相続を放棄した相続人なども含めた人数)。

定期借家権+証券化この計算は、相続人が相続を放棄した人や相続権を失った人、相続人以外の親族が生命保ただし、あくまでも生命保険金を受け取った場合に適用される規定ですので、険金を受け取った場合は、この非課税規定は適用されません。非課税金額は相続人だけに適用され、生命保険金を受け取った相続人が複数いる場合には、相続人が受け取った生命保険金の額で非課税金額を按分して適用するのです。例えば、生命保険金が配偶者に1000万円、長男に1000万円、次男に500万円、三男に500万円支払われたとします。長男は相続を放棄し、そして、相続人は配偶者、次男、三男の3人とします。
この場合、生命保険金の非課税金額は500万円×4人-2000万円となります。
非課税金額は相続人3人で按分ですので、しかし、配偶者は”2000万円1000万円/2000万円=1000万円、次男と三男は「2000万円500万円/2000万円-500万円」

となるのです。
生命保険にはこんな使い方もあります。また、例えば、「被保険者は兄、低収入である弟の将来を心配して、兄が保険料負担者も兄、保険金受取人は弟」という生命保険に加入したとします。兄が死亡すれば弟に死亡保険金は入金されますが、この場合、弟が相続人でない限り、生命保険金の非課税金額は使えません。

借金がある子供が親の財産を債権者から守る方法

相続しない

では通用しない、確実にカタをつけるには?

◆子供相続人

のほうは相当額の借金があり返済ができない状態に陥っていることもあります。親の相続財産が相当額ある一方で、借金と言ってもいろいろありますが「子供が社長を務めている会社の借金が相当額あり、代表者保証している場合」「子供が第三者の連帯保証人になっており、第三者が返なども含みます。済できない場合」このような場合、親からの相続財産で子供が返済をするという選択もあり得ます。
「先祖代々の土地を自分の代でなくすわけにはいかない」等の理由から、しかし、その額が,定額以上である場合などは親の財産を相続しない選択もあり得ます。相続人が、長男と次男の2人という、次のケースで考えてみましょう。多額の借金を抱えたまま返済できず、期限の利益長男は事業を始めたものの、を喪失した状況です。
長男と次男は父の死亡後に話し合い、「相続財産のすべてを次男が相続する」という遺産分割をしました。

食の安全安心

何気なく

そこで、なぜならば、「債権者は、当然、父親からの相続財産で返済してもらおうと思っていた債権者は怒り、裁判に訴えます。民法424条に債務者が債権者を害することを知ってした法律行為の取消しを裁判所に請求することができる。」という詐害行為の取消権が定められているからです。その結果、最高裁平成11年6月11日は債権者の訴えを認め、以下のように判断したのです。
「遺産分割協議は詐害行為の取消権の行使対象となり得る」「遺産分割協議は相続の開始により相続人の共有となった相続財産の全部または一部を、相続財産の帰属を確定させる各相続人の単独所有、または、新たな共有関係とする、法律行為である」つまり、長男が何も相続しないという遺産分割は取り消され、債権者は長男分の相続財産1/2を債権回収に充てることができるということです。
では、このケースではどうしたら、先祖代々の土地を守ることができたのでしょうか?方法は2種類あります。

被相続人が遺言書を書いておく「次男にすべての相続財産を相続させる」という親の遺言書があれば、債権者から先祖代々の土地を守ることができます。

遺留分の減殺請求権もちろん、長男にはというものがあり、一定の相続財産を相続できる権利があります。【期限の利益】期限があることによる債務者が受ける利益。例えば、借入金の返済期限がある場合、債務者は期限までは返済義務はない。

【遺留分の減殺請求権】遺留分が侵害されている場合、自分が相続する権利を保全する請求のこと。に代わって、債権者は、自己の債権を保全するため、では、これを長男債務者債権者が行使することができるでしょうか?民法423条には債務者に属する権利を行身に専属する権利は、債権者代位権使することができる。ただし、債務者のこの限りでなというが定められています。
は債権者の主張を認めず、「遺留分の減殺請求権は債務者の一身に専属する権利」しかし、最高裁平成13年11月22日と判断し、債務者の主張を認めました。
相続の放棄をする相続の放棄は、相続の開始があったことを知った時から3カ月以内にしなければなりません申立てにより、延長制度あり
相続の放棄をした場合、「相続の放棄をした者は初めから相続人でなかったものとみなす」とされています民法939条
はこの遺言書のケースと同様に、これに関する争いもありますが、最高裁昭和49年9月20日次のように判断し、債権者の訴えを退けています。
積極的に債務者の財産を減少させる行為であることが必要詐害行為取消権の行使対象となる行為は、消極的にその増加を妨げるだけの行為は含まれない相続の放棄は、消極的にその増加を妨げるにすぎない行為相続の放棄のような身分行為については、他人の意思により、これを強制すべきでない相続の放棄を詐害行為として取り消せるならば、相続人に対し、相続の承認を強制することになり、もし、不当である相続の放棄のような身分行為は、詐害行為取消権の行使対象にならない

遺産分割前の賃貸不動産、賃料は誰のもの?
一つの証拠その賃貸不動産を相続する人ではありません。

賃貸不動産

相続が発生してから遺産分割が終了するまでの間、相続が発生し、相続財産の中にがある場合、賃料は誰のものになるのでしょうか?遺産分割協議により「その不動産を結果として取得した相続人のもの」と考えている人もいますが、そうではありません。
「遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずるなぜ、こう考える人がいるかというと、民法909条遺産の分割の効力以下、略」とあるからです。
にこれに関して争われた最高裁判決平成17年9月8日次のように判断されています。
しかし、があり、相続人が複数の場合、相続開始から遺産分割までの間、遺産は相続人の共有に属するこの間に生じた賃料は遺産とは別個の財産各相続人がその相続分に応じて分割単独債権確定的に取得するものとして遺産分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずるが、相続人がその相続分に応じて分割単独債権確定的に取得した賃料の帰属は、後にされた遺産として分割の影響を受けないたしかに、平成17年の最高裁判決の前は「結果として、遺産分割により賃貸不動産を取得した相続人」が「相続開始から遺産分割までの間の賃料」ももらうという考え方もありました。

この判決以降、考え方が変わり、遺産分割が成立するまでの間の賃料は、しかし、「遺産ではない-遺産分割の対象にはなり得ない」相続人が分割単独債権』確定的に』取得したものとして「後日にされた遺産分割の影響を受けない」となったのです(同じ内容が国税庁のホームページでも説明されています)。「結果として賃貸不動産を相続した相続人」が遺産分割が成立するまでの賃料を悪意なく自分のものにしているケースがありますが、実際にはこの行為は問題です。なぜならば、「他の相続人から、自分のものにしている人への贈与」多額の贈与税が課される可能性があるからです。
この賃料が、となり、遺産分割の対象にして、賃貸不動産を相続した相続人のものにしているケースもあります。中には、この賃料を

遺産分割の対象にならない財産ある相続人のものにしているだけです。
しかし、それはを、遺産分割協議という手続きに無理やり押し込んで、これは遺産分割協議を使った贈与となります。
問題なしこれは多くの税理士が誤解をしていて、税理士向けのDVDでもと解説しているものもあるくらいなので、注意が必要です。長く未分割の状態が続けば、遺産分割が整わず、その間の賃料は相続人全員のものとなります。それでは不安定な状態が続いてしまうので、早く遺産分割協議を成立させることが大切なのです。

あきる野物流センター

に投稿

建築士なしで家が建つ

相続の放棄

親の死亡時に子供名義の預金が発見された場合、税務に精通している者でない限り、親から子供に生前贈与されたものと考えることは自然この名義預金は、相続人が子供のころの小遣いや社会人になってからの収入を被相続人に預けていた部分が含まれるので、相続人の財産だと認識していてもおかしくない相続税の申告に際し、税理士から名義預金の説明等がなかったので、名義預金について理解しておらず、資料の提出をしなかった重加算税は取消しとなったのです。
これらの理由により、納税者の主張が認められ、調査官が過去の裁決等のすべてを把握しているはずもなく、税務調査の現場で交渉が終わることも少なくありません。

当然ですが、過去の事例を提示することにより、重加算税ですとの指摘を受けたならば、税務調査の現場もし、過去の類似事例を税理士に調べてもらい、で反論していきましょう。

預貯金等は、名義変更-贈与が成立しないColumn名義預金に関し、別の角度からお伝えします。
まず、相続税基本通達9-9をご紹介しますが、ここには次の旨が書かれています一部省略
不動産、株式等の名義変更があった場合で対価の授受がされていない場合、この行為は、原則として贈与とする。「お金を払わずに、株式等の名義変更をしたら、原則として贈与税の対象にしますよ」ということです。だから、不動産、贈与として扱い、不動産、株式等預貯金等しかし、ここではとは書かれていますが、とは書かれていません。
なぜかといえば、預貯金等の名義変更贈与と取り扱ってしまうと、税務署にとって都合が悪ぃからです。
名義預金がつくられた時点で、税務署がすべてを把握することは不可能です。

預貯金等の名義変更=贈与贈与税の時効原則6年、不正の場合7年もし、これをとしてしまうと、となってしまう贈与が、星の数ほど発生します。名義預金を税務署が発見した場合は、それでは困るので、「被相続人の財産として、相続税の課税とする」「贈与税の時効を迎えていなければ、贈与税の課税対象とする」という、どちらかの課税に至ることになるのです。実際は、時効が成り立っている贈与にも関わらず、相続税の課税対象とされているケースも少なくありません(本来は単に贈与税の時効という結論)。

相続でもめないための、遺言書と遺産分割の留意点

遺言書は遺留分を侵害しない内容がベスト

◆被相続人が相続に備えてやっておくこと

多くの方は節税ばかりに目が向きがちです。相続と言うと、それは次の2点です。しかし、実は節税よりも大切なことがあります。

建築士なしで家が建つどのようにすれば争わずに済むのか?どのように納税すべきなのか?もちろん、ここまで述べてきた節税対策は大変重要なものです。家族の中で資産をめぐる争いが発生し、相続が〈争続〉いつまでも遺産分割ができず、しかし、になってしまうと、税金が減る特例も適用できません。納税自体がすんなりできないとなると、節税の意味も薄くなってしまいます。10どのようにすれば争わずに済むのか?そこでまずは、について考えてみましょう。〈争続〉を避けるための1つの方法として遺言書の作成があります。
この遺言書の作成時に、遺留分を侵害しないような内容にしておくのです。被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に対して認められる相続財産の割合のことです。例えば、愛人にすべての財産を相続させる遺留分とは、という遺言書があったとしても、相続人は一定の財産を相続できる権利を主張できます。

遺留分を侵害していなければ、争うことはできず、遺言書の内容に不満がある相続人がいたとしても、遺言書の内容どおりに被相続人の財産が相続されることになります(被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合には遺留分はありません)。

相続人が被相続人の両親などの直系尊属のみの場合は被相続人の財産×1/3が相続人全員の遺留分、相続人が直系尊属以外の場合は被相続人の財産×1/2が相続人全員の遺留分となります次図参照
そして、相続人各人の遺留分は、遺留分全体を法定相続分第1章05参照で按分した割合となります。

遺留分を生前放棄してもらう手もある

◆被相続人が相続に備えてやっておくこと

愛人に財産のすべてを相続させる相続人には遺留分という一定の財産を相続する権利があるため、もしという遺言があったとしても、一定の財産は相続することができます。

例えば、配偶者と子供2人が相続人という場合、子供の遺留分はそれぞれにつき1/8となります第6章01参照

おじさんたちは

所有権移転登記

相続対策となる事
配偶者の遺留分は1/4·例えば「長男後妻の子供先妻の子供などの他の相続人から一定の権利を請遺留分を請求されるケースとしては、にすべてを相続させる」などの遺言書があった場合に、求されてしまうような場合が該当します。一定の財産をわたさなければならないのです。この場合、長男は、遺留分を請求してきた他の相続人に、被相続人の生前に相続人が放棄することもできます(相続の放棄は被相続人の生前にはできません)。しかし、この遺留分は、この遺留分の放棄が正当と認められれば許可されます。遺留分の生前放棄には家庭裁判所の許可が必要であり、裁判所のホームページの最新のデータ日本全国で1066件の遺留分の生前放棄が許可されています。
90%程度は認められているようです。平成25年では、また、家庭裁判所が遺留分の生前放棄を許可するかどうかの基準は次の3点です。

本人の自由意思による放棄か?放棄した理由に合理性、必要性はあるか?(例えば、農地を細分化することは非効率的であるためなど)代償性があるか?(放棄を条件に贈与してもらう、または過去に贈与してもらったなど)もちろん無理矢理に放棄させることはできませんが、自分被相続人が生きている間に先妻の子供などに一定の財産を贈与し、これを条件に遺留分の生前放棄をしてもらうことはあり得ます。
具体的には、遺留分の生前放棄を条件とした贈与契約書を交わすことなどが挙げられます。第1章02参照

相続人の構成が先妻の子供と後妻の子供「自分の配偶者と自分の親だが、仲が悪い」といったケースは珍しくありません。

「遺言書+贈与など+遺留分の生前放棄」をセットとして検討してみるのも1つの方法です。これが家庭裁判所に認められれば、争いごとはなくなります。その場合は、遺留分の放棄は、なお、遺言書があることが大前提となります。被相続人が遺言書を書き忘れたまま他界してしまった場合などは、相続人全員で遺産分割をすることになりますので、注意してください。

相続人が先に他界するケースも想定しておく

◆被相続人が相続に備えてやっておくこと

被相続人が遺書を作成する際には、想定外の出来事に備えておくことも必要です。例えば、財産を相続させたいと思っていた子供などが、自分より先に他界する可能性もあります。次のようなケースがあります。
実際、高齢のAさんは妻に先立たれ、相続人は長男、次男という状況です。しかし、長男と次男は折り合いが悪く、Aさんは遺言を書くことにしました。その内容はAの全財産を長男に相続させるというものでした。
相続させる与える行為「そのように遺産分割をしなさいという行為」与える行為というのはではなく、とされています。
50年以上では一般定期借地権なお、遺言では遺贈と言います。じゅいしゃ遺言者受遺者また、遺言した人のことを遺言で財産をもらう人のことをと呼びます。しかし、不幸にも長男はAさんよりも先に他界してしまいました。長男には子供CAさんの孫通常の遺産分割であれば、Aさん死亡時の相続人は、長男の子供3人と、が3人います。次男の4人となります。
この場合、Aさんが残した遺言の効力はどうなってしまうのでしょうか?Aさんは自分の財産は長男が引き継ぎ、将来は長男の子供自分の孫心の中ではが当然に引き継ぐものだと思っていた可能性が高いでしょう。民法985条では「遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる」とあります。
994条では「遺贈は、遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力を生じまた、ない」とあります。

次男は自分の相続すべき財産を主張し、裁判となった事例があります。東京地裁平成20年11月12日相続させる遺贈ではないなので、

民法994条の適用はない

.Aさんの財産は長男の子供が引き継ぐべき·次男の主張を認めなかった○東京高裁平成21年4月15日遺言書からは「Aの死亡以前に長男が死亡した場合はその子供に効力が及ぶ」という旨を読み取ることはできない·Aよりも長男が先に他界したことにより、この遺言は効力を失う次男の主張を認める最高裁平成23年2月22日·東京高裁の判断を維持Aさんは本音では「長男の血筋に自分の財産を引き継いでほしい」と思っていたのかもしれません。
長男が自分よりも先に他界することを想定していなかった結果、しかし、財産の一部が次男のものになってしまったのです。「自分よりも先に受遺者である子供が死亡した場合には、Aさんは、OOこの事例なら長男の子供に相続させる」という旨を遺言書に記載しておくべきだったのです。

遺留分もちろん、次男には先に解説したという権利があるので、財産のすべてを長男の子供に相続させることはできないかもしれません。しかし、Aさんが長男の子供に引き継がせたい財産に関しては、そのとおりになります。

省エネ住宅ポイント

ネクストコア三島三ツ谷工業団地

親よりも子供が先に他界することは不幸なことですしかな脚と遺言者の思いとは違った形での遺産atが行われてし孪う可しかし、その順番が逆になる可能性も念頭に入れておかないと、遺言者の思いとは違った形での遺産相続が行われてしまう可能性があるのです。

子供がいない。自宅はいずれ妻の親族のものに?Column子供相続人がいない夫婦の場合、自宅を誰が相続するのかが問題になることもあります。相続人が次のような状態の場合、将来の相続がどうなるか考えてみましょう。

長男A子供がいない子供がいるという兄弟構成と次男B長男Aが実家の土地建物を相続して居住長男Aの妻次男B長男Aが妻よりも先に他界した場合、が相続人となります。長男Aの妻が現に住んでいる土地建物なら、長男Aの妻が相続するかもしれません。と長男Aの妻もいずれは他界します。妻の兄弟姉妹がすでに他界している場合はその子供、しかし、この場合の相続人は、長男Aの妻の両親、または兄弟姉妹、となります。この土地建物は「次男Bにとっての実家(生家)である」、「次男Bの子供が、ここで考えたいのは、幼少期に遊びに行った祖父母の家である」ということです。
これが、長男Aの妻の親族のものになってしまうのは、(あるいは亡くなった長男Aにとっても)、正直、複雑な思いを抱く場合もあるかと思います。次男Bにとってこういった事情に配慮するための方法の1つとして、長男Aが次のような条件つきの遺言書を書き、事前に了解を得ておくというやり方があります。

長男Aが遺言を書き、遺言で土地建物は次男Bに引き継がせることにするその際、長男Aの妻が生存中はそのまま住まわせることを条件とする生前に妻、次男Bにきちんと話をしておく(話をしておくことに法的な拘束力はありませんが、大切なことです)長男Aの妻が「自分の死後は、または次男Bの相続人に土地建物を引き継がせる」という旨の遺言を書くことも可能ですが、次男Bからはなかなか言いもちろん、次男B、どういう対策をすべきかはケースバイケースですが、出しにくいでしょう。
こういう状況に陥っていて遺言を書いたほうがいいと判断されるなら、書いておくべきです.

相続の話し合いはみんなでが基本

◆良好な関係を保つため情報はオープンに

節税対策も含めたいろいろな相続の話し合いの場には、できるだけ相続人全員で出席することが大切です。
蚊帳の外に置かれた相続人との関係がこじれることもあります。すでに相続人の関係が険悪な場合は別ですが、相続人の一部が他の相続人に内緒で節税対策を進めた結果、微妙な段階であれば、実際に相続が起きた場合に備え、今からでも相続人間の関係を良好にしておきましょう。
入居者専用の駐車場現状、節税のご相談にいらっしゃったのですが、節税遺産分割私のところにも、以前、あるお客様が1人で相続税のお話しするうちに、よりもに問題があることがわそのお客様の顧問税理士のミスリードにより、で共有になっていたのです。
かりました。将来に相続が開始しても売却する予定がない財産の一部が、複数の相続人(兄弟)これを放っておくと、相続人同士の人間関係にひびが入りやすくなります。今は仲が良くても、その後2回相続をすれば、兄の孫弟の孫それぞれ所有することになります。

兄の財産はが、弟の財産はが、この2人が大人になった段階で、人間関係はまずないことが大半でしょう。不動産を共有名義にしたり、入口同族会社の株を兄弟で持っというのは、そういう将来を迎えるです。「このリスクを兄弟の共通認識とし、共有関係を解消しましょう」「次回は弟さんとお2人でいらしてください。問題を同じ空気の中そこで私は、と提案しました。
そしてで考えることが〈争約を防ぐ方法ですから」とお伝えしました。両親と自分だけで節税対策を進めていたのです。
このお客様ODは、10どのようにすれば争わずに済むのか?、「どのように納税すべきなのか?」、最後が節税繰り返しになりますが、大事なのは、まずです。次に「どのように納税すべきなのか?」ここからは、具体的に解説していきます。次図は、相続人の相続手続きの大まかな流れなので参考にしてください。

について、

期限は3カ月!最適な相続のやり方を検討する

単純承認

相続放棄限定承認の違いとは?

どのように納税すべきなのか?

では、について述べていきます。第6章04の図は、相続人の相続手続きの大まかな流れです。

まず考えなければならないのは、単純承認相続の放棄限定承認相続手続きで、どのような形で相続を行うかです。相続のやり方には、という3つの選択肢がぁこのうちどれかを3カ月以内に決めなければなりません。り、相続の放棄限定承認もしなければ、単純承認3カ月以内にもをしたとみなされます延長制度あり。後述します
単純承認とは、被相続人の財産と債務のすべてを相続することです。これを選ぶのが一般的です。被相続人が債務超過でない場合、被相続人の権利と義務を無限に引き継ぎますので、相続した財産だけで被相続人の債務を返済できないならば、相続人自身の財産で返済することになります。単純承認では、相続の放棄は、相続人が遺産の相続を放棄することです。
被相続人が債務超過のときにその可能性があります。
何も相続しなかったことを相続の放棄とは言いません(相続人は何も相続しない場合も遺産分割協議書に押印する必要がある)。これは家庭裁判所で手続きする制度なので、限定承認とは、相続したい財産のみを限定して相続することができる方法です。
被相続人の資産<被相続人の債務の場合などに選択する方法で、この相続した財産の価額の範囲内で、被相続人の債務を引き継ぐ義務が発生します。例えば、相続人である子供は、相続の放棄を検討するかもしれません。
「それでも自宅だけはやはりどうしても守りたい(=被相続人である父が債務超過の場合、しかし、相続したい)」と悩む場合などに、限定承認は有効なのです。このただし、相続財産が複雑な場合など、財産の調査などに時間が必要なときは、期間を延長することも可能です(延長期間は通常は3カ月。

ネクストコア五霞

に投稿

町田市コミュニティバス

攻めの贈与税の納税戦略

ただし、相続開始までが短期間ならば、賃貸建物を建てた子供に入る収入も限られています。したがって、賃貸建物を子から親に贈与、または、売却して、土地の評価減を採用できる方法に切り替えたほうが得だからです。「子に貯まるお金<土地の評価減による節税」のほうが得ということです。つまり、贈与、売却であれば、お金賃貸建物または、売却と書きましたが、親のはに転換しますので、相続財産はさらに圧縮することができます。
ここでなぜならば、固定資産税評価額×70%1億円のお金は1億円の相続税評価額ですが、1億円で購入した賃貸建物の相続税評価額はをベースに評価するので、1億円よりも下になるからです。次の対策が考えられます。ただし、親の年齢が-定以上になっていても健康な場合、相続開始がいつなのかを予想することは非常に難しいものとなります。

そういう場合は、

子供が同族法人を設立し、その同族法人に子供自身のアパートを売却する

これによって土地評価額は20%の評価減ができ、

更地評価額の80%となります。一般的に、父への地代は固定資産税(含、また、こういうケースでは、都市計画税)の2~3倍程度を支払います。

賃貸収入は法人の収入とし、父以外の複数の子供設立した子供の兄弟姉妹に役員報酬として分配すると、給与所得控除額もあるし、数人で分散するので、所得税の税率を下げることも可能です。このとき、土地の無償返還に関する届出書という書類を税務署に提出しておきます。これを忘れると、借地権の課税問題が出てきてしまいます。子供の賃貸建物を親の名義にし、

同族会社に一括貸しをする

土地は貸家建付地となり、この場合、土地の評価額は更地評価額の約80%となります。
役員報酬は父以外の子供複数で受け取ることにより、所得税の税率を下げることができます。また、賃料の一部は同族会社に入るので、親の相続財産が膨らむことを軽減できます。これに関しては、次項目でさらに詳しく解説していきます。節税のためにアパートを建てるこのように一口にといっても、いろいろな形態があります。
相続財産の額、相続人の構成、被相続人の年齢、相続人の収入など、いろいろな要素を考えて対策していくべきです。

同族会社によるサブリースのメリットとは?

◆空室対策だけじゃない、

節税対策にも効果あり賃貸アパート、賃貸マンション、賃貸ビルを所有している不動産オーナーの方のための相続対策を見ていきましょう。引き続き、「不動産管理法人を使った、サブリースによる節税対策」ここではを解説します。
サブリースとは、「不動産賃貸を行うにあたって、不動産会社などがオーナーから賃貸物件を·括借り上げする」本来の経済的意味は空室リスクの回避ことであり、にあります。まず事例を挙げ、このサブリースを使った節税対策の手順を追っていきましょう。
前提条件父名義の土地に父名義の賃貸マンションが建っているこの土地は昔は更地であった(この時点の土地評価額を100とする)この土地に賃貸建物を建てたことにより、土地評価額が80になった0手順同族会社を設立(すでに同族会社がある場合は、これを利用しても可)賃貸マンションを借りている賃借人との契約を変更する【変更前】父が賃借人に貸している父→賃借人という賃貸借関係【変更後】父が同族会社に貸し、それを同族会社が賃借人に貸す「父→同族会社サブリース→賃借人」という賃貸借関係建物を父から子供に贈与する土地は贈与しない→各部屋の賃借人から預かっている敷金相当額の預金も子供に贈与する(敷金は賃借人に対する債務であり、敷金相当額も一緒に贈与しないと、税務上の問題が発生する)

④将来、父の相続が発生するこのような節税対策が有効かというと、それは次の理由からです。

なぜ、父に関する所得税、住民税、相続税

◆賃貸アパートなども所有しているような場合は、

さらに相続時には、前にも述べましたが、父が他の賃貸マンション、賃料に対する所得税と住民税が高くなります。手取り額に対しても相続税が課されるという状況になります。建物を贈与すれば、賃料は子供の所得になり、父ほどの高い所得税と住民税は課されません。当然、父の相続発生時にその手取額には相続税もかかりません。父名義の土地の相続税評価額

◆土地の相続税評価額を下げるという相続税対策であることが多いでしょう。

父が賃貸マンションを建てた理由は、元々、前述した「建物を贈与して名義変更をした時点」とここで解説している節税対策のキモは、父の相続発生時点両時点の賃貸借関係にあります。

-賃借人土地の評価額の減額難しくなるので理由は割愛しますが、実は、この両時点で建物所有者が貸している相手が異なっていると、という効果は維持できなくなってしまうのです。しかし、賃借人の入れ替わりはいつ起こるかわかりません。

建物所有者が同族会社に貸すようにすれば、同族会社は入れ替わることはないので安心というわけです。そこで、この両時点の賃貸借関係は次のようになります。

都市計画区域

新住宅市街地開発事業区域

精神的にタフでないとやれない
この時点「父→同族会社サブリース→賃借人」この時点「子→同族会社サブリース→賃借人」理屈の上では同族会社を使ったサブリースを利用しなくても、この時点での賃借人の入れ替わりがなけこの節税対策は、そのままの状態でも成立します。
なぜならば、れば成立するからです。実際の賃借人元々、父から借りていた賃借人ほぼなり得ないのです。両時点の賃借人を同じにしかし、は入れ替わるため、上記の両時点の賃借人が同じには、だから、

するために、サブリースを利用するのです。

第三者の不動産管理会社がサブリースをしている場合でも同じことが言え、両時点で同じ会社がサブリースをしているならば成立します。

これは同族会社ではなく、それから、世の中には下記の賃貸借関係になっているケースもあります。「父や子→同族会社→第三者の不動産管理会社→賃借人」この同族会社が行うサブリースは経済合理性がないため、この場合、税務調査で否認を受けるリスクがあります。なぜならば、サブリースという行為は空室リスクの回避が目的であり、第三者の不動産管理会社がサブリースをしていることにより、このリスクはすでに回避できているからです。
同族会社がわざわざ入らなくても、すでにリスク回避できているので、そこで間に入る経済的意味がないのです。同族間で行う取引は常にその取引を行った理由という経済合理性が問われます。
相続税に限りませんが、

同一生計の親子が、不動産の相続で考えたいこと

●相当の地代

として親から子供へ財産を移転するあまり一般的に知られていませんが、かなり有効な相続対策があります。

父が子供名義の土地にアパートを建て、子供に相当の地代を支払うのです(土地を借りるにあたっての権利金は支払いません)。親と子が同一生計であることが条件です。

全期間一括前払地代方式の定期借地権マンションこれは、同居している場合は同一生計となります(同居していても別生計の場合もあり得ます)。また、別居していても生活費の送金状況などにより同一生計か原則として、うかを判断することになります。相当の地代国税庁のホームページに次のように書かれています。ここで支払うとは、原則として、その土地の更地価格(時価)のおおむね6%程度課税上の弊害がなければ、次の金額も認められます。
その土地の近くにある類似した土地の公示価格などから合理的に計算した価額その土地の相続税評価額またはその評価額の過去3年間の平均額地代としてはかなりの高額ですが、これによって、父の預貯金が子供に所得税、住民税、贈与税なしで移転できるのです。

なぜならば、同一生計の親族が支払いを受ける地代などの経費は、支払う側では経費にならない代わりに、受け取る側では所得にしなくてもいいからです.父の不動産所得の計算上は経費にならないというデメリットはありますが、この方法は、父の金融資産の移転を考える場合には有効です。ある程度の期間をかけて父の財産を移転させる前提なので、実行後に父がまもなく他界してしまった場合は効果が半減します。この方法は父の不動産事業が事業的規模かどうかを問いません。参考までに、不動産貸付業が事業的規模と言えるのは、次の場合とされます。

貸間やアパートなどについてはおおむね10室以上独立した家屋についてはおおむね5棟以上1棟につき2室と換算青空駐車場などの土地の貸付けがある場合、貸地をおおむね5件で1室と換算します。
例えば貸室8室と貸地10件の場合は合わせて10室相当となり、その不動産貸付業は事業と呼べる規模ということになります。また、不動産事業全体で考えますので、子供の土地に父が所有するアパートが建っていたとしても、土地の評価減はできず、この方法はあくまでも父から子供への財産ちなみに、更地としての評価額になります。

相続しない

あのときは世話になったね

の移転を目的とした方法なのです。は、そのままの状態であれば、賃もちろん、将来的には相続により、父のアパートも子供のものとなります。そして、次の相続時子供が他界したとき貸物件が建っている土地ということで評価減ができることになります。

賃貸物件の建て替え中に相続が発生したらColmunどんな建物にも寿命があり、いずれは建て替えなければならない時期が来ます。賃貸アパート、賃貸マンション、賃貸ビルを所有している不動産オーナーの方からすると、その建て替え中に相続が発生したら、その土地の評価がどうなるのか気になると「貸家建付地としての評価はできない」ころでしょう。実際、と勘違いされている方は多いですが、そうではないのです。
興味深い裁決を2パターンご紹介します。
これに関し、○平成4年12月9日裁決建て替え中·相続開始日に建物を旧建物の賃借人が引き続き、新建物に入居することとなっている·立退料の支払いがない場合、新築中の建物について、権利金の授受があり、賃貸借契約が成立済の場合は貸家建付地でOKまたは、○平成7年11月14日裁決·相続開始日に建物を新築中建て替えではなく新築中とは書いてありませんが、→具体的にそう推察されます·以前からの賃借人は存在していない·賃貸借予約契約は締結されているが、賃貸借契約は未成立貸家建付地として評価できないこれらの裁決からわかることは建て替え中であっても、『貸家建付地』として評価できることはある(土地の価格が約80%で評価されることはある)という:とです.具体的な条件としては、以下のようなものが挙げられます。

「旧建物の賃借人が、引き続いて新建物に入居することとなっている」立退料の支払いがない「新築中の建物につき権利金の授受が完了し、賃貸借契約が成立済み」

賃貸物件を建て替える時期を迎えているときに「父母など不動産所有者が死期を予測できる病気にかかっている」ということもあり得ます。先ほどのような一定の条件を満たせば、更地評価よりも低い「貸家建付地しかし、建て替え中であっても、の評価をすることができるのです。
第三者への賃貸だと、賃借人の意思によって、もちろん、これらの条件を満たすことができる場合とできない場合があります。同族法人への賃貸であれば、意図的にこれらの条件を満たすことができます。
方、.括借り上げし、第三者に賃貸」、「新建物は同族法人が.括借り上げし、第三者に賃貸」1日建物は同族法人がということもあり得るでしょう。具体的な法令がなくても、「税務署が租税回避行為と判断したら否認できる」同族会社の場合、という法律があるので、これも考慮すべき点ではあります。
とはいえ、この否認方法は実際には適用されることは少ないので、税務調査で否認されない状況にしておくことは重要ですが、必要以上に恐れる必要はありません。

入居者専用駐車場が埋まらないときの対処法

◆コインパーキングの併設を検討してみる

駐車場以前、当社で受注した相続税の申告案件で、に関するものがありました。次のような内容です。さらに同じ敷地内に入居者専用の駐車場もつくりました。被相続人である父が、相続税の節税対策のため、所有していた更地に賃貸マンションを建て、しかし、入居者で駐車場を借りない人が増え、駐車場の空きが目立ってきました。
そこで税理士に相談したところ、「空いた部分を入居者以外にも貸したらどうですか?」と言われ、入居者以外にも貸すことにしました。
子供は1人であきらめるのか?その後、父はまもなく他界し、相続が発生しました。しかし、大きな問題があったのです。土地の評価が『更地評価×約80%「入居者専用であれば、『更地評価そもそも、賃貸物件を建てるという節税対策をしたのは、になる」、駐車場部分も約80%となるからです。
駐車場が空いているからといって、同じ敷地内とはいえ入居者以外にも貸せば、「更地評価×約80%-土地評価の約20%減額」という効果はなくなってしまいます。その駐車場全体の土地評価は高くなってしまうのです。
とはいえ、もちろん、この約20%の減額を捨てる代わりに、入居者以外からの駐車場収入が入ってきます。だから、次の2つのことを比較すべきです。
O20%の減額による相続税の節税効果3入居者以外からの駐車場収入があることのメリット-手取り相続の時点で10のメリット>このメリット今回は、すでに父の死期が近いことがわかっていたので、となることは、ほぼ確実でした。
それにも関わらず選択を誤ったために、駐車場部分の全体につき、20%の減額効果を採用できないことになってしまったわけです。今日では、若年世代の車離れが加1速し、以前にはなかった他人と車を共有するカー·シェアリングという制度も流行っています。

そのため、以前は埋まっていた入居者専用の

駐車場が、入居者だけでは埋まらないケースも多々出てきています。では、入居者専用駐車場が埋まらない場合に、何かよい対策はないのでしょうか?例えば、このような考え方があります。駐車場の空いている部分を道路に接している部分に集め、そこにコインパーキングをつくります。

(-入居者に貸している部分を移動してもらい)つまり、駐車場を、入居者専用の駐車場コインパーキングに区切ってしまうのです(コインパーキング部分は評価減はできません)。と「入居者専用の駐車場につき、約20%の減額を維持できる」、「コインパーキングの収入が入ってくる」というメリットだけではありません。
このやり方は、コインパーキングを道路に面した部分に設置することにより、次の2つの効果があるのです。入居者専用の駐車場が公道に接する距離が短くなる入居者専用の駐車場の土地の形が悪くなるこれにより、入居者専用の駐車場の土地評価がさらに下がる可能性があるのです。
多角的に考えて節税対策を行わないと、相続税は、大きな損を生んでしまう可能性があります。入居者専用の駐車場が空いているケースは多いので、この話を考えてみてください。入居者専用駐車場を集約し、入居者以外に貸す部分と明確に分けるようにすることで、ちなみに、コインパーキングまで併設しなくても、同様の土地評価減の効果を維持することもできます。
相続税は納税額が大きくなることも多く、ちょっとしたミスが数百、数千、数億円という違いになって出てくることもあるので注意が必要です。

更地の評価は2つに分けると下げられる

利用区分で分けるか、

遺産分割で分けるか

◆土地の評価は路線価×mリで計算されることが原則です。

相続税の場合、ここでは、土地の利用の仕方相続開始前の対策遺産分割の方法相続開始後の対策による相続税の節税対策をお伝えします。
例えば、下記の土地(更地)があったとします。2つの道路に接した角地200m2·片方の道路の路線価が100万円·もう片方の路線価が50万円この土地の場合、一般的な住宅地区を前提として、普通に評価すると以下のようになります。

特定の財産の相続人が

に投稿

全期間一括前払地代方式の定期借地権マンション

新賃借人

管轄する役所での調査が必要であり、手続きをしっかり行わないととるべき評価減がとれないのです。

◆高圧線下にある土地の評価

土地が高圧線の下にある場合、その高圧線下の土地には建築制限がある場合があります。これは土地の登記簿謄本、電力会社との賃貸借契約書などで確認でき、その制限を受ける部分については次のいずれかの評価減を採用することができます。
建物の建築ができない場合その土地の借地権割合のいずれか高い割合50%か、建物の構造、用途などに制限がある場合30%電力会社との契約が古い場合、契約書では建物の建築ができない旨になっていても、建築資材が進歩したことなどにより現実には建物を建てられる場合もあります。これは電力会社に確認する必要があります。
そのため、

◆都市計画道路の予定地がかかっている土地の評価

詳細は専門的になるので割愛しますが、土地に都市計画道路の予定地が含まれている場合、その土地は通常の評価の50%~99%の範囲で評価されます。
その土地の場所、容積率、都市計画道路の予定地が全体に占める割合により変わってきます。地域によってはウェブで都市計画を公開している場合もあるので、都市計画道路の予定地は市役所などの都市計画課などで確認できます。

確認するといいでしょう。

◆1つの土地が容積率の異なる2以上の地域にわたっている場合の評価

例えば、詳細な計算は専門的になるので割愛しますが、1つの土地が容積率400%の地域と200%の地域にまたがっている場合、一定の評価減をとることができます。ここも上記同様、市役所などの都市計画課などで確認することができます。

大事な資産を自衛する

生命保険から不動産投資まで、

生命保険を活用して、相続税を所得税に転換!?

◆税理士と検証の上、

納税額が少ないほうを選ぶ相続税対策で生命保険を活用することは多いです。
その中の1つに、次の手順で相続税を所得税に転換する方法があります。第1章04で触れた内容を、違う論点も加え、さらに深く解説します。
父親が子供にお金を贈与する子供は親を被保険者として生命保険を契約し、保険料を支払う(保険料の原資は親から贈与されたお金)将来、父親の相続が発生し、子供に生命保険金が支払われる子供には生命保険金に対する所得税がかかる祖父母が孫に贈与して行うこともある※この方法は、子供が保険料を支払い、子供が保険金をもらっているので、となる仕組みです。
事業者--利便性に照らしなぜ一時所得になるかと言えば、自分で負担した保険料が保険金課税は所得税一時所得という形で返ってきたからです。時所得には所得税と住民税が課税されますが、その際、「(生命保険金-支払った保険料-50万円)1/2」に対する課税となり、本来の所得の1/2にしか課税されま×節税対策に利用できるケースが出てくるのです。せん。
したがって、ここで相続税対策として考えるべきことは、相続税の非課税金額500万円×法定相続人の数を超える部分に対して、「相続税として課税されたほうがいいか?」「一時所得として所得税と住民税を課税されたほうがいいか?」ということです。
【一時所得】一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時

の所得のこと。所得税における課税所得の区分の一つ。

これは、相続人の構成配偶者の有無、相続人の数、全体の相続財産の額、生命保険金をもらう相続人のその年の収入によって変わってきます。複雑な計算になるので、税理士に相談し、シミュレーションして決めるべき事項です。支払った保険料非課税の範囲の贈与ならば、しかも、控除できるの原資は父親から贈与されたお金なので、110万円贈与税は0円です。
この範囲内であれば結果、贈与税を支払わずに父親のお金を利用できる生命保険金を取得した場合、支払った保険料の控除ができる1/2課税で終わる時所得なので、ということになるのです(もちろん、110万円の範囲なら贈与税はかからないというだけで、これを超えて贈与したほうが得になる場合もあります)。ただし、この方法に関する注意点がいくつかあるので、これを解説します。

◆注意点1

贈与が成り立っているか?この節税対策のポイントは、次の2点です。
「所得税の対象になる金額が1/2である点」「父親から『贈与』されたお金を利用している点」贈与が成り立っていなければ、子供名義の預金実質的な所有者は父親の預金もし、から保険料が支払われたことになってしまいます。
うさぎ小屋

遺品を野外に搬出

近隣住区論
そうなれば、実質の保険料負担者は父親ですので、「父親が被保険者の生命保険に加入し、父親が保険料を支払う」

「父親の相続に伴い、子供が生命保険金を受け取る」→子供には相続税がかかる→く普通の話〉になってしまい、節税対策にはならないわけです。という毎年のJ赠与契約書の整備ができていないことは非常によくあります。

私はこの節税対策の話を、生命保険営業の方の研修会でお話しすることもありますが、その際、過去には「所得税一時所得なのか?相続税なのか?」について争った事例がたくさんあり、リスクには備えてお納税者が勝ったものも負けたものもあるのですから、くべきです。
第1章02で述べた完全なる赠与の条件を、将来の税務調査を想定し、きちんと満たしておくことをおすすめします。補足ですが、昭和58年9月に国税庁から、「生命保険料の負担者の判定について」という次の事務連絡が出ています。

例示これらがなければ、毎年のこれらの項目はに過ぎないので、贈与が認められないわけではありません。しかし、後々の税務調査を考えれば、赠与契約書の作成等、適正に説明できる状況をつくっておくことが必要なのです。

◆注意点2

相続税と所得税、どちらを支払うほうが得か確認したか?この節税対策は相続税の額所得税の額の差を利用したものとなります。
と子供に生命保険金の入金がされる場合の税金を、相続税として支払う場合と、所得税として支払う場合とで比較し、得なほうを選ぶということです。これをもう少し詳しく説明すると、下記となります。
○相続税を支払う場合の考え方父親が被保険者の生命保険に加入し、父親が保険料を支払う父親の相続に伴い、子供が生命保険金を受け取る子供には相続税がかかる○所得税を支払う場合の考え方父親が子供に生命保険料相当額のお金を贈与する子供が父親を被保険者として、生命保険を契約し、保険料を支払う父親に相続が発生し、子供が生命保険金を受け取る一時所得となり1/2課税どちらの課税のほうが得かを検証する際の前提条件として、次のことを考えなくてはなりません。
北中曾根を考える会父親に相続が発生した際、父親の相続財産はいくらなのか?相続税……将来、父親に相続が発生した際、所得税将来、子供の収入はいくらなのか?→一時所得は1/2課税ではあるが、給与等と合算して課税される→その際の子供の収入により、所得税の税率が変わる

前提条件によっては相続税よりも所得税の負担のほうが重くなり、この場合は生命保険料相当額の贈与による節税対策をしないほうが得になります。したがって、必ず一定の前提条件を置いてみて、やるべきなのかどうかの判断を行う必要があるのです。

リビング·ニーズ特約

を有効に使う考え方

◆いざというとき、

迷わず対処するために知っておきたい被保険者が余命6カ月以内と判断された場合でリビング·ニーズ特約という特約があれば、また、生命保険金と似ているのですが、死亡保険金の全部、または一部を被相続人の生前に支払ってもらうことができます所得税は非課税
ただし、払ってもらった保険金が預金として残った場合、元々のお金の原資が生命保険金だったとしても、相続開始時点ではあくまでも預金なので、生命保険金の非課税金額は適用されません。同じ生命保険契約に基づいていても「死亡に伴う生命保険金として支払われるか」「リビング·ニーズ特約に基づいて支払われるか」により、相続税の対象になる金額が違うのです。

例えば、法定相続人の数が4人ならば「500万円保険金が5000万円の場合、4人-2000万円」までは相続税がかかりません。3000万円を特約により払い出し、高額な最先端治療や残りの人生を楽しむ資金に使ってしまえば、この5000万円に対する相続税は0円です。
ということは、最先端治療の費用や生活費を相続人が負担した場合、いずれは「生命保険金5000万円-非課税金額2000万円-3000万円」に対して相続税がかかってきます。
しかし、「特約により支払われた金額が相続開始時にそのまま残っていた場合」「死亡後に生命保険金として支払われた場合」で相続税がどの程度違うかは、法定相続人の数、相続税の税率(被相続人の財産額などに応じ、10%~55%)により変わります。

リビング·ニーズ特約は、人生の最後の生活などのため節税、もちろん、という意味で支払われるものなので、損得だけで判断すべきではありません。余命6カ月以内と宣告された場合、被相続人も相続人も精神的に追い込まれやすく、本来ならば冷静に判断すべきものができないこともよくあります。ただ、ですから、この特約の利用を検討する上で、1つの判断基準として知っておくべきことだと言えます。
保険料を支払う期間が残っていれば、残りの保険金に対応する保険料の支払いが必要です(残りの保険金に対応する保険料なので、この特約による支払いを受けた場合、支払う保険料·は減ることになります。6カ月間に対する保険料が相殺されて支払われることが多いです)。

指定代理請求人保険料が減ったことなどを預金通帳などから本人が気づいてしまった場合、本人が自分のまた、この特約は配偶者などのが請求することもありますが、余命を知ってしまう可能性もあります。
【指定代理請求人】本来であれば、被保険者本人が特約の申請をすべきですが、病状などによっては本人が請求できない場合もあります。
本人に代わってこの特約にそこで、よる給付金を受け取ることができる人を加入時などに指定します。給付金を請求する際に被保険者と同居している、この人を指定代理請求人といい、または、同一生計である3親等内の親族であることが条件です。本人には余命の告知がされていないこともあるので、この特約を利用する場合には細心の注意を払うべきなのです。
配偶者、

負担者支払口座保険料のとは一致している?

夫婦で共有

◆要注意!

預金をすることはできないある生命保険会社で全国から管理職の方が集まられた際、以前、社員研修の講師を務めさせていただいたことがあります。その懇親会でこんな論点が出てきました。まずは、この内容に関する生命保険契約の基礎知識をお話しします。

長男Aが遺言を書き

触らぬ神にたたりなし

パターン被保険者……妻契約者保険料負担者妻保険金受取人……夫保険金を受け取った夫には相続税がかかるパターン被保険者……妻契約者保険料負担者保険金受取人……夫保険金を受け取った夫には所得税がかかる

誰もが納得するごく一般的な話です。
もも、私は懇親会でトラブルになりかねない問題を耳にしました。

ただ、に関する、ある生命保険会社では、の契約者保険料負担者につき、次の取り扱いを前提に顧客に説明しているとのことでした。
保険料の引落口座は夫名義その生活用口座は夫婦共有の口座と考える。
契約者保険料負担者は妻専業主婦だが、の生活用口座になっている。
夫名義の口座から引き落とされた保険料は妻が払ったものと考える保険金はパターン01·この保険料は妻が払ったと考えるので、の課税になる-相続税がかかる

自分に保険金が入ったと考える→夫は妻が保険料を支払い、ここで疑問に思っていただきたいことは妻が払ったとされている保険料は夫名義』の口座から引き落とし「夫名義』の生活用口座は夫婦共有の口座と考えている」「夫から妻に保険料相当額が贈与された事実はない」ということです。

生活用口座が共有のお金夫婦であってもという考え方は成り立ちません。預金は不動産とは違うので共有という考え方はなく、夫名義のものは夫のもの妻名義のものは妻のものとなるのです。「妻名義だが、という名義預金もありますが、もちろん、実態は夫のもの」このケースはそうではありません。「夫名義の口座から引き落とされているが、と主張するならば、そのお金が妻のものと説明できなければなりません。
もし、その保険料は妻が負担したもの」例えば、妻が結婚前に働いて貯めたお金夫から贈与されたお金などということです。
全期間一括前払地代方式の定期借地権マンションそうでなければ「毎月の保険料は妻のお金で支払ったものである」ほぼないでしょう。と説明できるケースは、入るべき生命保険のプランニングは変わってきます。専業主婦の妻が保険料を払う前提にするならば、結婚前に貯めた妻名義の預どういう課税になるかにより、もし、「毎年の保険料相当額を妻に贈与し、金を引き落とし口座にする」、妻の口座に入金するということをしておくべきなのです。「ふたを開けてみたら、びっくり……」ご注意ください。
保険料の負担者は適正に区別しておかないと、ということにもなるので、

生活費、贈与扱いになるかもしれません

周到な自衛が必須!

◆金額の基準がないだけに、

まず、本題の前に、贈与税に関する下記の2つの考え方を覚えておいてください。

夫が妻の通常の生活費のために出したお金は、贈与税が非課税相続人への贈与相続開始前3年以内のものは改めて相続財産として取り込み、相続税を計算するそして、これらの考え方が適用されるか否か、似たような事例でありながら、真逆の結果が出た国税不服審判所の裁決があります。
「妻が有料老人ホームに入居する際に、その支払後3年以内に夫が他界した」というものです。どちらの事例も夫が入居金を支払った。10の『非課税となる赠与』「このとおり、その入居金がに該当するかどうか」、改めて相続税の計算対象とすべきかどうかが争われたのです。これにつき、平成22年11月19日の裁決では納税者が勝ち、平成23年6月10日の裁決では納税者が負けました。この違いはどこにあったのでしょうか?下記に状況の違いを記載します。
○平成22年11月19日の裁決納税者の勝ち妻が入居したのは〈介護付き〉有料老人ホーム→妻は要介護4と判定され、介護が必要な状況部屋の面積15㎡建物全体の部屋数64室入居金945万円月額利用料約24万円【国税不服審判所の判断】「入居金は生活費の贈与で通常必要なもの」

「贈与税は非課税であり、3年以内の再計算は不要」○平成23年6月10日の裁決納税者の負け妻が入居したのは〈介護付きではない〉有料老人ホーム→妻は介護が必要な状態ではない建物全体の部屋数は伏字になっているため不明部屋の面積、プール、·フィットネスルーム、エステなどもある入居金1億3370万円月額利用料約16万円【国税不服審判所の判断】「入居金は生活費の贈与で通常必要なものではない」「老人ホームに入居することが不可避であったわけではない」「贈与税は非課税でなく、3年以内の再計算は必要」贈与税が課税されるかどうかの大きなポイントは、生活費として必要かどうかという点です。
持家か借家か

に投稿

北中曾根を考える会

耐震偽装

さまざまな資料で問題点を洗い出してから調査に来ます。税務調査官は事前に、被相続人、相続人、孫などの親族の銀行口座などの反面調査も含めた、例えば、次のようなことです。「配偶者や子供、孫などの預金口座に多額の預金がないか?」「死亡日前に引き出された預金は現金として計上されているか?」「多額の借入金がある場合、それに見合う相続財産があるか?」「不動産、株式の売却代金が相続財産と見合っているか?」さりげなくいろいろなことが質問されます。
世間話や雑談から入り、最初にされる代表的な質問は、税務調査が始まって、次の5点です。

◆被相続人の死因について

例えば、意思能力が長い間なかったにも関わらず、死亡日の1週間前に贈与契約があったらおかしいわけです。

被相続人の趣味、人間関係、経歴、職歴など所有している財産骨董品などの推定のためなどです。
被相続人の財産の管理状態誰が管理していたかなど

相続人名義の定期預金も含め、書き換えに伴う書類の筆跡は誰のも被相続人と相続人の財産が区分管理されているかなどを知りたいのです。金融機関への反面調査により、のかなどもチェックされます。

◆相続人の職業、

収入など相続人の収入と相続人名義の預金残高のバランスなどを比較します。
専業主婦の方の銀行口座に何千万円もあったら、その貯蓄の経緯などが確認されます。

◆ゆうちょ銀行や農協を利用していたかどうか

「ゆうちょ銀行の貯金は申告しなくてもばれない」そこに申告されていない多額の貯金がある場合も想定されるからです。と思っている方がおり、また、相続人が他の相続人も含めた氏名、職業などを書かされることもあります。これはその情報を知りたいだけでなく、その相続人の筆跡を残しておきたいという意味が大きいのです。預貯金の振込用紙などに記載された筆跡と比べ、これが検証される場合もあるので覚えておいてください。次のようなことも質問されます。
その他には、「被相続人の住所地はずっとここですか?」以前に住んでいた場所があれば、その近辺に相続財産がないかを確認するためです。遺言書はありましたか?その場合は遺産分割協議書のコピーが申告書に添付されているので、遺言書があるならば、遺産分割は、遺言の内容ではなく、相続人で話し合ってすることも可能です。

町田市コミュニティバスそこに記載されている財産が申告書に網羅されているかをチェックしたいのです。「過去に不動産や株の売却はありませんでしたか?」その資金はどうなっているかを知りたいということです。借入金の使い道を教えてください借入金に対応する財産の状況、相続人名義の財産などになっていないかを知りたいということです。

「毎月の生活費はどのくらいでしたか?」生活費等の差引額と相続財産のバランスは取れているか?タンス預金収入、いわゆるはないかのチェックです。過去に赠与はありましたか?その贈与が適法に成り立っているかを確認したいのです。
貸金庫はありますか?すでに存在がわかっている場合もあるし、貸金庫の入退室記録は入手可能です。とくに、死亡日前後や税務調査の連絡があった後の入退室記録はチェックされます。
「同族会社の場合、被相続人以外の株主は本当に出資しているか?」被相続人以外の株主は単なる名義借りの状態名義株ではないかを確認し、名義株であれば、被相続人以外の名義の株式も相続財産となります。
家の中に金庫はありますか?その金庫の中を調べ、漏れている財産がないかをチェックしたいということです。ちなみに、財産漏れを否認されることが多い財産は、次のとおりです。

第1位:現金·預貯金等第2位:有価証券第3位:土地こういうことは毎年のデータから税務調査官もわかっているので、充分に調べられます。長年にわたり適法に贈与されたものであれば問題ありません。とはいえ、税務調査に対して緊張して、怖いという思いを持つ方もいるかもしれません。税理士に税務調査の立会いを依頼することも重要ですが、事前にどんなことが聞かれるかを知っておけば、ある程度の安心もできるというものです。
もちろん、

重加算税その本当は支払う必要ないのかも

「隠ぺい、

に該当しなければ反論すべき仮装」

◆国税庁からは相続税に関するさまざまなデータが発表されています。

毎年、これらのデータからは、全体の申告の件数「申告全体における遺産額別の構成比」税務調査の件数、否認された件数重加算税がかけられた件数申告漏れの財産の「無申告だったものに対する税務調査の件数」額と構成比などがわかります。

住宅が高いから安くしろ

将来行いたい

住まいの履歴書
この中からいくつかのデータを抽出してお話ししたいと思います。まず、税務調査になる確率です。直近のデータでは、約5万4000人の方が被相続人として相続税の申告対象になりました。毎年の税務調査の件数は約1万2000件です。そして、だから、申告全体の20%超は税務調査の対象になるということです。また、税務調査を受けた場合、何らかの項目が否認される確率は80%超です。さらに重加算税までかけられる確率は約10%です。
この否認されたケースのうち、重加算税がかかるということは、仮装という行為があったことが前提です。隠ぺい、隠ぺい仮装そして、やとは、以下のような行為と判断されています。この少し読みにくいですが、国税不服審判所の裁決文から抜粋します一部改定

事実を隠ぺいするとは、課税標準等の計算の基礎となるべき事実を隠匿し、事実を仮装するとは、財産あるいは取引上の名義等あるいは、故意に脱漏することをいう。所得、それが事実であるかのように装う等、故意に事実をわい曲することをいう。に関し、ポイントは故意にという言葉が入っていることです。
「隠ぺい、仮装でなければ、重加算税は『法的に』相続税の話に限らず、すべての税目に関して言えることです。
課されない」というのは、不正事実国税庁の事務運営指針では、ホームページに記載。この隠ぺい、仮装というに該当する例として、次のようなものが示されています事務運営指針税務調査における指針(基準)税務調査官は守らなければならないものです。
とは、を国税庁が発表しているものなので、のようなレベルの行為があった場合に重加算税はかかるのです。
ここに記載されていることがすべての事例ではありませんが、~

逆に言えば、単なるミスのレベルであれば、重加算税の対象にはなりません。単なるミスに対して重加算税ですこのレベルに至らないそのため、と言われた場合にはしっかりと反論する必要があります。

重加算税の要件に該当しないにも関わらず、重加算税が課税されているケースがよく事務運営指針を提示する、「適実際の現場では、あるため、文書で反論するなどの正な方法」で反論することが重要です。事務運営指針の存在すら知らない税理士も多いので、適切な反論ができず、重加算税の対象ではないケースにまで重加算税がかかっていることがあります。中には、場合によっては納税は国民の義務ですからと言い放っているケースもあります。納税は国民の義務であることは間違いないですが、支払う必要のない税金を支払う理由はないのです。

相続人の一人が財産隠し!これって連帯責任?

◆本人は重加算税、

その他の相続人はお咎めなしです相続人の1人が財産を隠し、他の相続人にその存在を教えていないことがあります。「隠ぺい、重加算税の対象になります。
これが相続税の税務調査で見つかった場合、仮装」に該当するので、当然、他の相続人はそんな財産があることすら知らない状況です。しかし、他の相続人の相続税額も増えてしまうことは計算構造上、仕方がありません。
もちろん、隠された財産が税務調査で否認をされた場合などは、他の相続人全員に重加算税が課されてしまうのでしょうか?ただ、この場合、財産を隠した相続人だけでなく、これに関して争った裁決昭和62年7月6日があります。
被相続人の不動産収入等を原資として貯蓄された無記名定期預金の存在を相続人の1人(以下、Aこの事例は、と言う)が隠していたものです(無記名定期預金という制度は現在は廃止されています)。これに対し、相続人全員に対して重加算税が課されたのです。
一つの証拠Aに対する重加算税は適法A以外の相続人については無記名定期預金の形成の状況から見て、しかし、国税不服審判所はと判断する一方で、その存在を知っていたと「隠ぺいという行為があったとは認められない」重加算税を取り消したのです。は認められない、と判断し、相続人の1人が被相続人の財産を管理しており、他の相続人に公開していない財産がある、というのはよくあることです。こういうケースでは、申告を担当する税理士すらその財産について知らないままに、相続税の申告が完了してしまいます。隠ぺいをした本人に重加算税が課されるのは当然です。
他の相続人は重加算税の法的要件隠ぺい仮装こういう場合、しかし、であるやに関わっていないのです重加算税は課されないのです。
から、

隠ぺい仮装

の立証責任は税務署側にある

◆財産ごとに重加算税の有無が分かれるワケ

それが重加算税の対象になるのか?ということが争点になる場合があります。
相続税の税務調査があり、申告書に記載されていない財産があった場合、ならないのか?
ここで解説する事例は同じ申告書の中において「計上されていない財産A重加算税の対象」「計上されていない財産B重加算税の対象でない」と判断された事例です平成23年9月27日裁決。まず、この事案の前提条件です。
○平成20年9月·日(R字):相続開始日相続税の申告書には現金50万円が計上されていた申告書に載せた貯金額は相続開始日の農協口座の残高証明書の金額→平成20年6月~9月:相当回数に分けて、約4370万円の現金の引き出しあり(被相続人は入院中で、自分では引き出せない)平成20年7月.日:農協の口座被相続人名義に99万円の現金入金あり平成20年8月13日:農協の出資に対する配当金1689円あり平成20年12月5日:農協の口座が残高不足になり、水道料金の引き落としができなかくなり、相続人は引落口座の変更手続きをしたこれらすべての財産が計上されていなかったことに対して重加算税が課され争われた事案です。
これらの財産(農協の貯金、農協の出資金、引き出された現金)が否認され、「引き出された現金は被相続人宅の寝室のたんす内に保管されていた」、税務調査の際、納税者は「50万円以外に現金はない』と回答」という状況です。この状況の中、国税不服審判所は次のように判断したのです。

分割単独債権

確定的に

農協の貯金について

平成20年12月5日に水道料金の口座振替先を変更しているため、この貯金の存在を認識していたはず税理士から被相続人に関するすべての残高証明書の提出を求められていたが、残高証明書の発行を依頼せず、税理士に貯金の存在を知らせなかった重加算税の賦課は正当である農協の出資金について相続人は農協の貯金の存在を認識しており、この口座に出資金の配当が振り込まれているから、この出資金の存在を認識していた可能性はある農協で口座を開設しているから出資しているとは限らない配当金は少額であり、出資証券と貯金通帳とは別個に存在する相続人がこの貯金の存在を知っていた事実や、出資金に係る配当金が農協の口座に振り込まれていた事実があるからといって、必ずしも相続人が出資金の存在を認識していたということはできない税務署は「相続人が農協との取引の存在を認識していた」相続人が出資金の存在を認識していたとする具体的な事実を何ら示していないと主張するのみで、重加算税の賦課を取り消す現金について被相続人の入院中に相続人が農協の口座から現金を引き出している現金を保管しているにも関わらず、虚偽の答弁をしていたことからすると、税理士と税務調査官に対して、隠ぺい、仮装に該当する重加算税の賦課は正当である今回の相続人には残高証明書の不提出など、現金と農協の貯金に関する重加算税は仕方がないでしょう。

相続財産を故意に隠そうという意思がありましたので、隠ぺい、「税務署側が具体的な立証をしなかったこと」により、重加算税が取り消されています。しかし、農協の出資金に関しては仮装の意図がないこと、そもそも、このケースでは、税理士が相続の申告に不慣れだった可能性が高いです。相続開始日の残高証明書だけで申告するのではなく、「チェックしていれば、税理士は本来なら、過去の通帳の履歴の数年分はチェックする」し、直前の現金引出の事実は簡単に知ることができ、これを申告しないリスクを納税者に伝えるからです。税務調査で必ずチェックされます。
通帳に履歴が残っているにも関わらず、「頭隠とくに、相続開始前の数カ月間における現金引出は、これを申告しないという意思決定は

尻隠さず」と全く同じ状況です。して、もちろん、相続人は税理士にも嘘を言っているので、「税理士に言ったら申告書に載せられてしまうので、嘘をついておこう」という意思があったことも事実です。

この事例から学ぶべきは、脱税はしない税理士にはすべての真実を伝える「重加算税がかかる場合は『隠ぺい、ということは前提として、仮装』が前提であり、その立証責任は税務署側にある」ということです。中には課される必要がない重加算税を課され、これをそのまま認めているケースも多いことも事実なのです。

否認数1位!?名義預金に目をつけられたら

◆過去の類似事例を提示して交渉する

現預金等本書でも何度も書いてきましたが、相続税の税務調査があった場合、最も多く否認されるのはです。
これは被相続人名義の預金が漏れていることもあるでしょうが、相続人や孫名義の預金(いわゆる名義預金)が漏れていることも多いでしょう。
重加算税の対象になるのでしょうか?争った事例では、名義預金が相続財産から漏れていた場合、これにつき、平成11年12月22日裁決があるので解説します。
定期借家権+証券化○前提条件被相続人は生前に不動産を売却し、その売却代金の一部が妻名義の定期預金等約3000万円になっていたこの定期預金等は被相続人が管理していた妻は被相続人から贈与税の配偶者控除の適用により、妻名義の預金を設定した話を聞いていた妻は被相続人の相続税の申告期限前にこの定期預金等を解約し、仏壇、墓地の購入等に充てた新たな定期預金の設定、生活費、この定期預金等が税務調査で見つかり、重加算税の対象になった同じようなケースは世の中に多々ありますが、重加算税までも安易に認めてはいけません。
本税相続税はともかく、実際、国税不服審判所は納税者の主張を全面的に次のように判断しました。

認め、相続税の申告期限前にこの定期預金等の解約手続を行っているから、この存在を申告期限前に認識し、この定期預金等の原資が被相続人が不動産を売却した代金だっまた、妻は定期預金等は被相続人の相続財産と認識していたことは推認できるたことを承知していたので、国税不服審判所が調査した内容、この件に関する全資料を見ても、妻がこの定期預金等について、隠ぺい、仮装したものと認めることはできない推認はできても、隠ぺい仮装とまでは言えない、ということです。
平成23年3月23日裁決

もう一つ事例を見ていきましょう

○前提条件相続財産から名義預金が漏れており、修正申告をした相続人は名義預金を相続人の財産と認識していた被相続人は1人暮らしであった相続人は独立しており、相続人は相続開始の時まで、この名義預金の詳細を知らなかった重加算税が課され、争いになった結果は、納税者の主張が認められ、隠ぺい仮装に該当しないとされました。

その大きな理由は次のようになっています。

神奈川県のマンションの遺品整理と

に投稿

定期借家権+証券化

適正に説明できる状況

ここで、上記2事例はかなり極端に離れたケースとなります。「では、いくらなら生活費として認められるのか?」誰もが気になるところですが、いくらまでなら非課税という基準はありません。実際の現場では「入居金は返還されないもの、取り扱いはさまざま」期間で償却されるものなど、「入居金は安く、月々の利用料が高いという施設もある」という状況で、個別の判断になってきます。それが税務調査でどう判断されるかはケースバイケースです。
そして、相続が起きた場合、同じような状況になったら、税理士と十分に協議をし、ですので、相続税の申告書に載せるべきかどうかを判断してください。このような事例はドンドン出てくるでしょうが、それが相続税の対象なのか否かは大きな問題です。

高齢化社会を迎え、

将来的に該当する可能性があるならば、もし、こういうことが心配であり、妻へ自宅の贈与共有にしておく第1章07参照2000万円まで非課税を行い、自宅を売却して老人ホームに入ることになった際、妻は自分の入居金を自分で支払うことができる→将来、まだ高齢でなければ、妻に毎年の贈与を行う第1章02参照夫の財産と否認されるのを防ぐため、贈与契約書を整備し、贈与を成り立たせる→と·いざという時1太きることはできませんがりまの2つの”について覚えておくことは金額の基準がないだけにこうです!と言い切ることはできませんが、この2つの事例について覚えておくことは重要です。

子供のお金で親の家を増改築するときの注意点

共有名義

子供名義

◆事前に

やにして贈与扱いを回避子供がお金を出して親の家を改築することがありますが、やり方を間違えると思わぬ贈与税を支払うことになってしまいます。あるTV番組で家屋の大改築のことを取り上げていました。お金の問題に気を取られました。先日、その際、私は家屋が綺麗になったことよりも、改築の流れは、次のような状態になっていました。父名義の家屋が老朽化しましたが、父には改築資金がありませんでした。そこで子供がお金を出して父名義の家を改築したのですが、父の資産価値が増加してしまいました。
その結果、建物の名義は父のまま(改築部分のみを子名義として登記することは制度上、贈与不可)だったので、子供から父へのになります。改築となれば資金はそれなりの額になります。当然、贈与税は贈与を受けた人が支払うものなので、父が負担すべき贈与税額も多額となります。

全期間一括前払地代方式の定期借地権マンション父が贈与税が支払えないからと、これを子が負担すれば、そして、さらに贈与となるのです。知らない間に世の中では多々あります。こういう贈与した状態になっているケースは、実際、増改築部分に関し、夫から妻への贈与となり、納税者が負けた事例もあります東京地裁、昭和51年2月17日
子供が単純に資金提供してはいけないのですが、父名義の建物を改築したいということも現実問題としてあります。どう対策していけばいいのでしょうか?だから、では、ここでは、2つの方法を解説していきます。

◆対策!

共有名義にする方法父の家屋の時価子供が提供する金額のバランスを考え、共有名義で登記する方法があります。
と「父の建物の時価300万円、子供が提供する額1500万円」の場合で考えてみましょう。

「300÷父の持分300+15001/6」→父から子供への移転部分:300万円×1-1/6-250万円1500÷子供の持分300+1500-5/6]→子供から父への移転部分:1500万円×1-5/6-250万円結果として、双方に移転する価値が同額なので、贈与の問題は発生しません。

◆対策2事前に建物の名義を変更する方法

父の建物を子供に贈与または売却した後に改築を行います。父が家屋を譲渡した場合でも、譲渡に伴う売却益課税対象が出ることはまずないでしょう。そうすれば、子供名義の建物を子供が自己資金で改築したことになり、今回は改築増築何の問題もありません。を前提にしましたが、でも同じ理屈となります。
子供の通帳が税務調査の対象になった際に、子供の口座から父の口座に多額の資金移動があり、それが改築資金ならば子供から父への贈与と否認される可能性があります実際には、税務調査で指摘を受けた後でも錯誤ということで登記を共有に直し、贈与税の問題を回避することもあるでしょうが、これは保証できるものではありません。

情報公開

稲岡土地利用研究会

建て替え中
贈与として否認されるのが本来の形式ですから。共有にするか、子供名義に変えておくか。親に増改築の資金がないならば、適正に登記をしておく必要があるのです。

親と子供で、所有不動産を交換してもいい

残したい財産を残す

◆家庭内で融通を利かせ、

分割払い不動産を物納不動産を売却して納税の3つが一般的です。相続が発生して相続財産の大半が不動産の場合、相続税の納税方法は、しかし、どうしても残したい土地がある場合もあります。物納や売却をしないで納税を切り抜ける方法は、分割払いしカないのでしょうか?例えば、妻と子供1人で財産を相続したとします。相続が発生し、子供は時価1億円の土地を相続したため、妻は配偶者の特例を使ったため相続税は0円でしたが、相続税が発生しました。
この子供の土地を残したいというのが一家の希望ですが、納税もしなければなりません。妻には10年前に妻の父から相続した時価8000万円の土地があります。ところで、この売却資金を子供の相続税の納税資金に充てたいと考えました。

この土地に売却の依頼が来ていたので、しかし、妻が土地を売却すると、その利益に対して譲渡税が課税されます。子供の相続税の納税資金としてわたすと、妻から子供への贈与になり、子供が贈与税を支払うことになります。さらに、その税引き後のお金を、子供が相続したのは土地であり、相続税支払いの原資となる金銭は持っていません。子供の納税資金には使えません。
これでは妻の土地の売却資金を、こういったケースでの対処の仕方としては、妻の土地と子供の土地の80%次の図のように、8000万円相当額を交換するといいでしょう。交換後は売却の依頼が来ている土地の所有者は子供になり、売却したお金も子供のものなので、そうすると、これを相続税の納税資金に充てることができるのです。
不動産の交換一定の条件を満たせば、をした場合、所有者が変わっても不動産を譲渡したことによる税金はかかりません(移転に関してかかる登録免許税、不動産取得税はかかります)。
なぜなら、交換しても税金がかからない特例があるからです。ただしこの特例は、交換で取得した土地は交換でわたした土地の交換直前の用途と同じ用途に使用するという要件があります。この事例では、子供は交換した土地ををすぐ子供についてのみ、に売却しているため、この特例は使えません。

子供が妻子供の母にわたした自宅の土地の80%は税金の対象にはなります。
そのため、8000万円相当額しかし、この8000万円は実際に売却していますので、税金を支払う原資はあります。
もちろん、妻は特例の適用を受けることができます。また、相続開始後3年10カ月以内に土地などを売却した場合、相続税の一部が売却益から控除できる特例もあるため、税金は実際には発生しない可能性もあります。
子供は1人であきらめるのか?他の親族が所有している土地で売却できるものがあれば、相続した土地を物納も売却もしたくない場合、親族間での土地の交換も検討すべきなのです。

含み損を抱えた塩漬け不動産を売却したいが

◆親の含み益を移転し、

子供の含み損と相殺する自宅以外の投資用不動産や遊休地などを売却して、売却損が出たとしましょう。

売却損は、他の不動産の売却益とは相殺できますが、給与や不動産収入とは相殺できないことになっています。このその年に相殺し切れなければ繰り越しもできず、また、切り捨てになってしまいます。これでは含み損を抱えた不動産を売ることを躊躇してしまいますが、実は生前贈与を使ってこの対策をする方法もあります。子供が含み損を抱えた不動産を所有しており、売却をためらっているとします。
先祖代々の土地を所有しています。方で、父は、この父が所有する先祖代々の土地を使って、子の土地の売却損を小さくする方法が考えられます。
この場合、通常、父親から子供が不動産を引き継ぐのは相続のときです。息子は相続税の納税のために土地を売却することもあるでしょう。

すると、子供に先祖代々の土地の売却益が生じます。そういうタイミングなら、子供が持っている含み損を抱えた不動産を売却しても、その売却損を先祖代々の土地の売却益にぶつけて相殺することができます。ただしこの場合、相続はいつ発生するかわからないため、相続時まで、含み損を抱えた状態が継続することになります。しかし、贈与なら別です。贈与はお互いの意思によりいつでもできます。
含み損を抱えた不動産を売却したい場合、まず先祖代々の土地を父から子へ贈与することで、含み益を父から子に移転させます。贈与の場合、子供は父の取得費を引き継ぎますので、売却する際に控除する金額は父の取得費です(なお、今回の場合は、先祖代々の土地なので取得費は非常に低額です。

近所とのトラブル

もらう権利

話をわかりやすくするため、ここでは取得費を0円とします)。子供が同じ年に、含み損を抱えた不動産を売却するのです。そして、ただし、通常の贈与では、1年間につき110万円しか贈与税は非課税になりません。そのため、土地などの高額なものを贈与した場合は贈与税が多額になってしまいます。相続時精算課税そこで、第1章06参照を使って贈与します。

父が所有している不動産の時価=相続税評価額と仮定が1億円、子の不動産の含み損が1億円、実際に税金を計算してみましょう。
そして不動産の取得費を0円として、贈与税1億円-2500万円20%-1500万円(この1500万円は実際の相続時に精算されます)不動産の譲渡についての所得税、住民税含み益1億円-含み損1億円x20%-0円たしかに、いったんは1500万円の贈与税を納付しなければなりません。
含み益1億円の不動産を売却した場合には納めなければならない1億円×20%=2000万円その代わりに、時価1億円、取得費が0円、を納めずに済むのです。この1500万円は相続時に相続税と精算されます。しかも、実質的な持ち出しはありません。したがって、含み損を抱えて塩漬けになっている不動産があれば、こんな方法で売却してみてはいかがでしょうか。

投資用不動産の購入は売却まで考慮しておこう

◆更地のままのほうが高く売れることもある

アベノミクス等の影響により投資用不動産が売れており、満室でない賃貸物件が満室になった場合の想定利回りを前提に売れています。
そんな市況の中、相続税対策相続財産の圧縮事業承継対策株価の圧縮借金をしてを考え、投資用不動産を購入することがあります。

これを購入するならば、しかし、覚えておいてほしいことがあるのです。複数の土地を持っている、ある地主さんの例を挙げましょう。1億円の評価額の土地に、相続税対策のため賃貸物件を建築しました。この地主さんは、その際、5000万円の借金をしました。賃貸物件の年間賃料は500万円です。この地主さんが亡くなって相続が発生し、相続人はこの賃貸物件を売却することにしました。この物件はいくらで売れるでしょうか。

投資用不動産は不動産としての価値もありますが、それよりも投資効率で値段が決まる側面が大きくなります。満室になった場合の想定利回りを前提に建設したあるいは購入した物件でも、売却するときには実際の利回りが重視されることもあります。

利回りの低い投資用不動産を売却しようとしたところ、「住人を追い出して、更地にしたほうが高く売れます」先日、当社のお客様が、建物を壊し、と不動産業者に言われたくらいです。話を地主さんの例に戻しましょう。年間の賃料”は500万円です。
賃料収入÷利回り-不動産の価格と計算されますので、

利回り5%の場合500万円÷590=1億円·利回り10%の場合500万円÷10%=5000万円となります。

建築士なしで家が建つどの程度の利回りを設定されるかはケースバイケースですが、前者の1億円で売れたとしましょう。この地主さんには、賃貸物件を建てた時の5000万円の借金があります。相続人はこれを返済しなければなりませんので、「売却金額1億円-借金5000万円-手取り5000万円」が相続人の手元に残るお金となります。しかし、もともと、この地主さんは1億円の土地を持っていたのです。
相続税対策という大義名分のもとに行った方法により、「財産が目減りすることそれが、財産そのものが減ってしまいました。これは損することになってしまった相続税対策」だったということになります。当然、これは地主さんの話だけではなく、中小企業の株価対策のために、投資用不動産を購入する場合も同様のことが言えます。

さらに言えば、第2章01に書いたように預金と借金の両建ては「支払利息を支払うことにより、という逆相続税対策になる可能性もあります。財産が減る」アベノミクスは金融緩和による経済政策ですから、この状況が永遠に続くことはありません。必ず、賃貸不動産を購入されている方も多いですが、どこかで反動がきます。投資用不動産を売却したいと思ったタイミングだったら......。私がここで解説したデメリットがさらにその反動が来た時が、膨らむのです。借金による投資用不動産の購入は幅広く行われています。
相続税対策、事業承継対策という名のもとに、もちろん、不動産投資そのものを否定しているわけではありません。しかし、そこはよく考えて、売却まで考えた上で実行しないと、結果として、損をすることになってしまうのです。

出口の

賃貸不動産の空室期間が長くなってきたら?

◆それでも土地の評価減を採用できる余地はある

賃貸アパートの入居者をずっと募集しているにも関わらず、空室の期間が長くなると土地の評価にも影響するので悩みます。なかなか決まらないこともあるでしょう。
アパートなどの賃貸物件の建っている土地は貸家建付地という取り扱いになり、駐車場などの更地の評価額の約80%の評価額になります。しかし、空室部分に対応する土地床面積按分により、100%の評価額となってしまうのです。
は、その空室が一時的なものならば、その根拠は平成11年7月29日付で国税庁ただし、相続開始日に空室であっても、賃貸不動産としての評価減はできることになっています。から出された情報に下記の例示があるからです。
例えば、次のような事実関係から、アパート等の各独立部分の一部が課税時期において一時的に空室となっていたにすぎないと認められるものについては、課税時期においても賃貸されていたものとして取り扱って差し支えないこととした。
1つの土地

に投稿

事業者--利便性に照らし

セットバックが必要な土地の評価

納税者:建物の評価額を1億6022万円として申告鑑定評価税務署:減価償却後の帳簿価額2億6189万円が正当として否認審判所:バブル期に取得された建物なので、2億1447万円と評価結果として納税者が行った鑑定評価額よりは高いものの、帳簿価額よりも4742万円も下がったのです。

当社では他の税理士が作成した相続税の申告書を見せていただく機会もあるのですが、この評価額が検討されないまま、帳簿価額を申告書に載せているケースも散見されますバブル当時に購入したものでなくても、帳簿価額よりも時価が低くなっているものはたくさんあります。また、だから、これらを不動産鑑定による評価額で評価して、相続税、または、贈与税の申告で採用していくことは非常に重要なことなのです。

還付請求(正しくは更正の請求相続税については相続開始日から5年10カ月以内、贈与税については赠与した翌年不動産の評価の話に限りませんが、と言います)は、が原則的な期限となっています。土地等の評価額を見直し、還付請求の可能性を検討してみてください。
3月15日から6年以内、この期限内にいる方はぜひ、

同族会社の債務超過を、社長の資産で解消する

◆社長の個人資産も減らせて一石二鳥

今回は同族会社を経営している社長の相続を考えた場合に使える対策です。
社長個人が所有している土地建物を、同族会社に貸しているケースはよくあります。次のような手順により相続対策ができるのです。
この同族会社をA社としましょう。そして、A社は債務超過になっているとします。

この場合、社長名義の建物を法人名義にし、社長名義の土地にA社名義の建物が建っている状態にし、土地の賃貸借契約を結ぶ社長の土地にA社名義の借地権が自動的に発生することになるOA社は借地権を無料で手に入れ、A社に借地権相当額の受贈益が計上される受贈益と過去から繰り越されてきた欠損金が相殺され、法人税はかからないOA社は債務超過が解消。
解消されなくても財務状態が改善されるあるいは、これを具体的な数字で考えてみましょう。

A社は債務超過7000万円欠損金7000万円社長名義の土地の時価1億円(借地権の時価を7000万円とする)社長名義の建物の時価3000万円帳簿価額も3000万円まずは、建物を3000万円で社長からA社に売却します。
1度に支払えなければ、分割払いでも構いません。もし、すると、「社長の土地にA社の建物が立っている」状態になります。そして、借地権相当額7000万円がA社の受贈益になります。一気にこの結果、債務超過7000万円と借地権の受贈益7000万円が相殺され、債務超過が解消されるのです。
50年以上では一般定期借地権売却益が計上されず、不動産売却に伴う税金は発生しません。ちなみに、社長は帳簿価額3000万円の建物を3000万円で売っているため、さて、ここからが社長の相続の話です。

社長の土地1億円のうち7000万円はA社に移転しているので、これに関する社長の税金を心配される方もいるでしょう。しかし、この場合は原則として、社長に税金はかかりません。ここでは割愛します。
この方法は専門家にご相談の上、理由は専門的になりすぎるので、ただし、実行するようにしてください。今回は社長の建物を売却しましたが、これを贈与しても同じ効果を得られます。
なお、違いは建物の時価-帳簿価額3000万円も、法人の受贈益として計上されることです。
法人の債務超過が大きい場合、法人に建物を買う資金を捻出できない場合は赠与するt.の方法を行えば冈族会社はHHuaewnでき·かつ·社この方法を行えば同族会社は債務超過を解消でき、いずれにせよ、社長は個人財産を減らすことができます。かつ、該当する条件の方はぜひ、検討してみてください。

同族会社から回収できない貸付金も相続財産に?

◆確実なら除外も可能。

貸付金を消す方法もある中小企業の社長の相続でよく問題になるのが同族会社に対する貸付金です。

それが今後も返済される見込みは低いのに、同族会社の資金繰りが厳しい場合、社長が会社に貸した額が膨らみ、何年も返済できないということがあります。相続財産下記のような場合は相続財産から外れます財産評価基本通達205しかし、どんな場合でも相続財産になってしまうわけではなく、財産評価基本通達205。というこの表現はもう1度だけ使うので、覚えておいてください。
【社長の同族会社への貸付金が、社長の相続財産から外れるケース】会社が手形交換所の取引停止処分などを受けた場合債権者集会の協議などにより、債権が切り捨てられる場合金融機関のあっせんなどにより、当事者社長と会社が債権の切り捨てなどを行った場合回収が不可能、著しく困難であると見込まれる場合単に債務超過である、赤字である、返済能力がないなどの理由だけでは上記の条件には該当しません。
痛いムチ

埋火葬許可証

不合理分割
これは国税不服審判所の裁決平成18年5月12日の中でもしかし、どんな場合であれば明記されています。では、「同族会社に貸した債権は相続財産とはならない」「額面ではなくて実質的価値で評価される」となるのでしょうか?これに関して、先ほどの裁決ではこう判断されています。
被相続人がA社に貸したお金は2億円相続人税理士は貸付金を約3170万円と評価し、申告

→資産、負債などをベースに計算A社は約23億円の債務超過A社はグループ会社のB社に営業譲渡し、清算→A社に対する貸付金2億円はB社に引き継がれない相続開始日に営業譲渡は確実ではあったが、営業譲渡契約はまだ締結されていない貸付金は2億円争ったのです。
この状況の中、税務調査においてと否認され、結果は、納税者が勝ちました。その理由は次のとおりです。

A社は資産状況、営業状況が危機的であったグループ会社のB社に営業譲渡することが確実だったので、貸付金の実質的価値で計算すべきである契約前だったとしても、財産評価基本通達205の内容は回収の見込みがないことが客観的に確実であればよく、債権の切り捨ての決定までは必要ない同族会社に対する貸付金が相続財産になり、というご相談はよくありますが、「回収の見込みがないことが客観的に確実」であれば、どうしたらいいか?

回収見込みのない部分は相続財産にしなくてもいいのです。「回収の見込みがないことが客観的に確実」何をもってと言えるかの明確な基準はありませんが、同様のことが起きている場合、対策を税理士に相談する必要があります。返済されない貸付金につき、非常に厳もちろん、これは相続発生後では遅く、相続発生前に絶対に対策しておくことです。残された相続人が相続税だけを支払うことは、いものがありますだからこそ、早めに手を打っておく必要があるのです。ぜひ、覚えておいてください。
貸付金を消す方法具体的には、また、もあり、実際に当社で提案し、実行したこともあります。次の2つの方法です。

◆方法その1

会社が銀行から1億円を借りる

税務調査対策不当な課税には反論も!金持ち一家の

相続税の税務調査が入りやすい要件とは?

一概に言えないが、

遺産総額3億円以上なら濃厚

◆相続税の税務調査は人生初という方も多いでしょう。

そこで、どんな場合に税務調査になりやすいのかをお話しします。

入居者専用の駐車場課税対象になる遺産総額が3億円以上の場合これはあくまで東京国税局ベースの傾向です。財産の内容によっても変わってくるので一概には言えません。弊社で申告を担当させていただいたお客様でも、遺産総額が10億円超でも税務調査がなかったケースもあります。預金通帳の動きに関して不明瞭な点がある場合銀行の通帳は3~5年程度は見られると思ったほうがいいでしょう。
例えば、稲妻型と呼ばれます被相続人の預金通帳の動きを調べた場合、ある程度の金額の出入りが激しいもの通帳の左右の動きが激しい状態で下に降りていくのでがあるもの(逆L字型と呼ばれます)だったり、入金通帳の右側が続いた後に大きな出金通帳の左側だったりすると、税務調査に発展する可能性が高くなります。

こういう動きをする場合は、怪しいお金、財産隠しの可能性があるからです。照会をかけた資料と申告書の内容が合わない場合相続税の申告書が提出されると、税務署は銀行、生命保険会社、証券会社などに照会をかけることがよくあります反面調査。照会をかけた資料と申告書の内容が合わなければ、税務調査になる可能性は高いでしょう。
税務署では、被相続人の生前の確定申告書の状況不動産所得、事業所得など、法人からの役員報酬の額などを把握しています。これらと比べて相続税の申告書に記載さ「なぜだろう。
れた財産額とくに金融資産、不動産などが少ないとこれはおかしいから調べてみよう」となるわけです。

◆相続税の申告書に添付された資料が少ない、

または、不備がある場合相続税の申告書には財産を評価した根拠となる資料がいろいろと添付されます。評価が間違っているのでは?これが少ないとという疑いを持たれます。
相続に不慣れな税理士は「この財産を評価した根拠として、ということを知らないことも多いです。

贈与契約書

甲が乙に対し

ただし、ここまでは資料をつけておくべき」添付資料が少ない、不備があるという場合は、また、財産の評価方法の間違いや税法の適用間違いの可能性も考えられます。そういう可能性が高い申告書の場合も税務調査の対象になりやすいでしょう。例えば、毎年の税務調査で申告漏れが指摘される財産のうち約16%は土地ですが、土地そのものを申告書に載せ忘れたケースもあれば、評価方法のミスなどによるものもぁります。
家族名義の預金など、現預金のチェックがされていない場合被相続人以外の名義になっている預金が、税務調査で被相続人名義の預金名義預金として否認されるケースは非常に多いです。
実際、現預金の申告漏れは毎年の税務調査における申告漏れ財産の33~40%程度を占めているので、ここをチェックしたことを記載した資料などを申告書に添付しておいたほうが税務調査になる確率は低くなります。
名義預金があるならば、OOOO相続人名名義また、と記載し、申告書に載せておく必要があります。
税務調査というと、被相続人の財産の調査と思われる方が多いですが、50%は被相続人の財産の調査50%は相続人の財産の調査だと思ってください。なぜならば、申告書に載せるべき被相続人の財産が相続人名義の財産になっていることがそれだけ多いからです。そして、この資金移動や名義変更につき、適正な贈与が成立していないことも多いからです。

海外資産が関連する場合国税庁が発表している資料の中でも、「納税者の資産運用の国際化に対応し、資料情報や相続人·被相続人の居住形態等から海外資産の相続が想定される事案については、積極的に調査を実施して(中略)、特に、調査の過程において海外資産の取得が把握された場合にも、深度ある調査によりその解明に努めています。」いるほか、と記載されており、該当する調査件数も増加傾向にあります。
最新のデータでは、次のようになっています。

会話、税務調査官の行動、すべてに意味がある

◆世間話やカレンダーからでも矛盾は露呈する

被相続人の自宅などでの調査は1日で終了することが多いです。
税務調査の当日は2人以上の調査官が訪問します。
これは金庫などにある多額の現金、金の延べ棒などが発見された場合の証拠能力を担保するためという意味もあります。まずは00税務署の鈴木太郎ですと身分証明書を見せるルールになっています。
町田市コミュニティバス指定の日時に訪問し、場合によっては、にせの税務調査官の場合もあるので、注意が必(にせの税務職員を装った振り込め詐欺は後を絶たないのでご注意ください。要ですおかしいと思ったら所轄の税務署に電話して確認しましょう)。仏壇に線香をあげさせてほしいこれは線香をあげることにより相続人と人間関係を良くし、税務調査官がやってきて、最初にと言う場合もありますが、その後の税務調査をスムーズに進めたいという意図があるのです。
くまなく床の間に飾ってある掛け軸や壺の有無、また、その仏間が家の奥にあるような場合は、その仏間に移動するまでの間、税務調査官は家の中を見ています。その価値はどのくらいかも見ています。世間話や雑談の中にも、すでに核心を突いた内容が入っている場合があります。あの人はゴルフが好きだったと未亡人が話しました。
相続税の申告書にはゴルフ会員権は載っておらず、被相続人の趣味を聞き、しかし、いきなり否認の糸口が出てしゴルフに関しては、玄関のゴルフバッグの有無なども見ていますので要注意です。まった事例もあります。
関係あるとは思えない間接的な話にもすべて意味があることを忘れないでください。壁にかかっているカレンダー、トイレのタオル、リビングのテーブルの上のマッチ箱最近は見かけなくなりましたがなども何気なくチェックされています。

それから、例えば、「ABC証券のカレンダーが壁にかけてあるのに、といったことです。相続税の申告書にはABC証券の口座が載っていない」もちろん、相続人が開設している口座かもしれませんが、被相続人の口座が漏れているのかもしれません。
「被相続人の財産とすべきものが申告漏れになっていないか?」「税法の特例を適用している場合に要件を満たしているか?」「財産の評価方法ですから評価の減額などに間違いはないか?」などのポイントを中心に調べられます。預金通帳や印鑑の保管場所、金庫、貸金庫なども、相続人の立会いのもとに見せるよう言われます。
印鑑はどれが誰の印鑑で、印影を記録として残します(朱肉をつけて押す前に空押しし、紙にどの通帳の印鑑として使用されているかのチェックもします。実際に押印し、

付くかどうかを確認します。最近使ったならば、これはその印鑑を最近使ったかどうかを知り、何に使ったのかを確認するためです)。
年賀状、香典帳などもチェックされる可能性があります。これはABC証券、いろは信用金庫からの年賀状がある場合、ABC証券やいろは信用金庫と被相続人が取り引きをしていた可能性があるからです。

その口座が申告書に載っているかどうかの確認をしているのです

税務調査で聞かれるポイントを押さえておこう

◆調査官が何を確認しているのかわかれば安心

相続税の税務調査がある場合、事前に申告を担当した税理士、または、相続人に電話で日程に関する連絡がある場合が大半です。
この日程は強制ではありませんので、相続人と税理士で日程を検討し、変更することも可能です。充分な準備期間をとり、税理士と綿密な打合せをして当日に臨みましょう。
甲の承諾なく