に投稿

町田市コミュニティバス

攻めの贈与税の納税戦略

ただし、相続開始までが短期間ならば、賃貸建物を建てた子供に入る収入も限られています。したがって、賃貸建物を子から親に贈与、または、売却して、土地の評価減を採用できる方法に切り替えたほうが得だからです。「子に貯まるお金<土地の評価減による節税」のほうが得ということです。つまり、贈与、売却であれば、お金賃貸建物または、売却と書きましたが、親のはに転換しますので、相続財産はさらに圧縮することができます。
ここでなぜならば、固定資産税評価額×70%1億円のお金は1億円の相続税評価額ですが、1億円で購入した賃貸建物の相続税評価額はをベースに評価するので、1億円よりも下になるからです。次の対策が考えられます。ただし、親の年齢が-定以上になっていても健康な場合、相続開始がいつなのかを予想することは非常に難しいものとなります。

そういう場合は、

子供が同族法人を設立し、その同族法人に子供自身のアパートを売却する

これによって土地評価額は20%の評価減ができ、

更地評価額の80%となります。一般的に、父への地代は固定資産税(含、また、こういうケースでは、都市計画税)の2~3倍程度を支払います。

賃貸収入は法人の収入とし、父以外の複数の子供設立した子供の兄弟姉妹に役員報酬として分配すると、給与所得控除額もあるし、数人で分散するので、所得税の税率を下げることも可能です。このとき、土地の無償返還に関する届出書という書類を税務署に提出しておきます。これを忘れると、借地権の課税問題が出てきてしまいます。子供の賃貸建物を親の名義にし、

同族会社に一括貸しをする

土地は貸家建付地となり、この場合、土地の評価額は更地評価額の約80%となります。
役員報酬は父以外の子供複数で受け取ることにより、所得税の税率を下げることができます。また、賃料の一部は同族会社に入るので、親の相続財産が膨らむことを軽減できます。これに関しては、次項目でさらに詳しく解説していきます。節税のためにアパートを建てるこのように一口にといっても、いろいろな形態があります。
相続財産の額、相続人の構成、被相続人の年齢、相続人の収入など、いろいろな要素を考えて対策していくべきです。

同族会社によるサブリースのメリットとは?

◆空室対策だけじゃない、

節税対策にも効果あり賃貸アパート、賃貸マンション、賃貸ビルを所有している不動産オーナーの方のための相続対策を見ていきましょう。引き続き、「不動産管理法人を使った、サブリースによる節税対策」ここではを解説します。
サブリースとは、「不動産賃貸を行うにあたって、不動産会社などがオーナーから賃貸物件を·括借り上げする」本来の経済的意味は空室リスクの回避ことであり、にあります。まず事例を挙げ、このサブリースを使った節税対策の手順を追っていきましょう。
前提条件父名義の土地に父名義の賃貸マンションが建っているこの土地は昔は更地であった(この時点の土地評価額を100とする)この土地に賃貸建物を建てたことにより、土地評価額が80になった0手順同族会社を設立(すでに同族会社がある場合は、これを利用しても可)賃貸マンションを借りている賃借人との契約を変更する【変更前】父が賃借人に貸している父→賃借人という賃貸借関係【変更後】父が同族会社に貸し、それを同族会社が賃借人に貸す「父→同族会社サブリース→賃借人」という賃貸借関係建物を父から子供に贈与する土地は贈与しない→各部屋の賃借人から預かっている敷金相当額の預金も子供に贈与する(敷金は賃借人に対する債務であり、敷金相当額も一緒に贈与しないと、税務上の問題が発生する)

④将来、父の相続が発生するこのような節税対策が有効かというと、それは次の理由からです。

なぜ、父に関する所得税、住民税、相続税

◆賃貸アパートなども所有しているような場合は、

さらに相続時には、前にも述べましたが、父が他の賃貸マンション、賃料に対する所得税と住民税が高くなります。手取り額に対しても相続税が課されるという状況になります。建物を贈与すれば、賃料は子供の所得になり、父ほどの高い所得税と住民税は課されません。当然、父の相続発生時にその手取額には相続税もかかりません。父名義の土地の相続税評価額

◆土地の相続税評価額を下げるという相続税対策であることが多いでしょう。

父が賃貸マンションを建てた理由は、元々、前述した「建物を贈与して名義変更をした時点」とここで解説している節税対策のキモは、父の相続発生時点両時点の賃貸借関係にあります。

-賃借人土地の評価額の減額難しくなるので理由は割愛しますが、実は、この両時点で建物所有者が貸している相手が異なっていると、という効果は維持できなくなってしまうのです。しかし、賃借人の入れ替わりはいつ起こるかわかりません。

建物所有者が同族会社に貸すようにすれば、同族会社は入れ替わることはないので安心というわけです。そこで、この両時点の賃貸借関係は次のようになります。

都市計画区域

新住宅市街地開発事業区域

精神的にタフでないとやれない
この時点「父→同族会社サブリース→賃借人」この時点「子→同族会社サブリース→賃借人」理屈の上では同族会社を使ったサブリースを利用しなくても、この時点での賃借人の入れ替わりがなけこの節税対策は、そのままの状態でも成立します。
なぜならば、れば成立するからです。実際の賃借人元々、父から借りていた賃借人ほぼなり得ないのです。両時点の賃借人を同じにしかし、は入れ替わるため、上記の両時点の賃借人が同じには、だから、

するために、サブリースを利用するのです。

第三者の不動産管理会社がサブリースをしている場合でも同じことが言え、両時点で同じ会社がサブリースをしているならば成立します。

これは同族会社ではなく、それから、世の中には下記の賃貸借関係になっているケースもあります。「父や子→同族会社→第三者の不動産管理会社→賃借人」この同族会社が行うサブリースは経済合理性がないため、この場合、税務調査で否認を受けるリスクがあります。なぜならば、サブリースという行為は空室リスクの回避が目的であり、第三者の不動産管理会社がサブリースをしていることにより、このリスクはすでに回避できているからです。
同族会社がわざわざ入らなくても、すでにリスク回避できているので、そこで間に入る経済的意味がないのです。同族間で行う取引は常にその取引を行った理由という経済合理性が問われます。
相続税に限りませんが、

同一生計の親子が、不動産の相続で考えたいこと

●相当の地代

として親から子供へ財産を移転するあまり一般的に知られていませんが、かなり有効な相続対策があります。

父が子供名義の土地にアパートを建て、子供に相当の地代を支払うのです(土地を借りるにあたっての権利金は支払いません)。親と子が同一生計であることが条件です。

全期間一括前払地代方式の定期借地権マンションこれは、同居している場合は同一生計となります(同居していても別生計の場合もあり得ます)。また、別居していても生活費の送金状況などにより同一生計か原則として、うかを判断することになります。相当の地代国税庁のホームページに次のように書かれています。ここで支払うとは、原則として、その土地の更地価格(時価)のおおむね6%程度課税上の弊害がなければ、次の金額も認められます。
その土地の近くにある類似した土地の公示価格などから合理的に計算した価額その土地の相続税評価額またはその評価額の過去3年間の平均額地代としてはかなりの高額ですが、これによって、父の預貯金が子供に所得税、住民税、贈与税なしで移転できるのです。

なぜならば、同一生計の親族が支払いを受ける地代などの経費は、支払う側では経費にならない代わりに、受け取る側では所得にしなくてもいいからです.父の不動産所得の計算上は経費にならないというデメリットはありますが、この方法は、父の金融資産の移転を考える場合には有効です。ある程度の期間をかけて父の財産を移転させる前提なので、実行後に父がまもなく他界してしまった場合は効果が半減します。この方法は父の不動産事業が事業的規模かどうかを問いません。参考までに、不動産貸付業が事業的規模と言えるのは、次の場合とされます。

貸間やアパートなどについてはおおむね10室以上独立した家屋についてはおおむね5棟以上1棟につき2室と換算青空駐車場などの土地の貸付けがある場合、貸地をおおむね5件で1室と換算します。
例えば貸室8室と貸地10件の場合は合わせて10室相当となり、その不動産貸付業は事業と呼べる規模ということになります。また、不動産事業全体で考えますので、子供の土地に父が所有するアパートが建っていたとしても、土地の評価減はできず、この方法はあくまでも父から子供への財産ちなみに、更地としての評価額になります。

相続しない

あのときは世話になったね

の移転を目的とした方法なのです。は、そのままの状態であれば、賃もちろん、将来的には相続により、父のアパートも子供のものとなります。そして、次の相続時子供が他界したとき貸物件が建っている土地ということで評価減ができることになります。

賃貸物件の建て替え中に相続が発生したらColmunどんな建物にも寿命があり、いずれは建て替えなければならない時期が来ます。賃貸アパート、賃貸マンション、賃貸ビルを所有している不動産オーナーの方からすると、その建て替え中に相続が発生したら、その土地の評価がどうなるのか気になると「貸家建付地としての評価はできない」ころでしょう。実際、と勘違いされている方は多いですが、そうではないのです。
興味深い裁決を2パターンご紹介します。
これに関し、○平成4年12月9日裁決建て替え中·相続開始日に建物を旧建物の賃借人が引き続き、新建物に入居することとなっている·立退料の支払いがない場合、新築中の建物について、権利金の授受があり、賃貸借契約が成立済の場合は貸家建付地でOKまたは、○平成7年11月14日裁決·相続開始日に建物を新築中建て替えではなく新築中とは書いてありませんが、→具体的にそう推察されます·以前からの賃借人は存在していない·賃貸借予約契約は締結されているが、賃貸借契約は未成立貸家建付地として評価できないこれらの裁決からわかることは建て替え中であっても、『貸家建付地』として評価できることはある(土地の価格が約80%で評価されることはある)という:とです.具体的な条件としては、以下のようなものが挙げられます。

「旧建物の賃借人が、引き続いて新建物に入居することとなっている」立退料の支払いがない「新築中の建物につき権利金の授受が完了し、賃貸借契約が成立済み」

賃貸物件を建て替える時期を迎えているときに「父母など不動産所有者が死期を予測できる病気にかかっている」ということもあり得ます。先ほどのような一定の条件を満たせば、更地評価よりも低い「貸家建付地しかし、建て替え中であっても、の評価をすることができるのです。
第三者への賃貸だと、賃借人の意思によって、もちろん、これらの条件を満たすことができる場合とできない場合があります。同族法人への賃貸であれば、意図的にこれらの条件を満たすことができます。
方、.括借り上げし、第三者に賃貸」、「新建物は同族法人が.括借り上げし、第三者に賃貸」1日建物は同族法人がということもあり得るでしょう。具体的な法令がなくても、「税務署が租税回避行為と判断したら否認できる」同族会社の場合、という法律があるので、これも考慮すべき点ではあります。
とはいえ、この否認方法は実際には適用されることは少ないので、税務調査で否認されない状況にしておくことは重要ですが、必要以上に恐れる必要はありません。

入居者専用駐車場が埋まらないときの対処法

◆コインパーキングの併設を検討してみる

駐車場以前、当社で受注した相続税の申告案件で、に関するものがありました。次のような内容です。さらに同じ敷地内に入居者専用の駐車場もつくりました。被相続人である父が、相続税の節税対策のため、所有していた更地に賃貸マンションを建て、しかし、入居者で駐車場を借りない人が増え、駐車場の空きが目立ってきました。
そこで税理士に相談したところ、「空いた部分を入居者以外にも貸したらどうですか?」と言われ、入居者以外にも貸すことにしました。
子供は1人であきらめるのか?その後、父はまもなく他界し、相続が発生しました。しかし、大きな問題があったのです。土地の評価が『更地評価×約80%「入居者専用であれば、『更地評価そもそも、賃貸物件を建てるという節税対策をしたのは、になる」、駐車場部分も約80%となるからです。
駐車場が空いているからといって、同じ敷地内とはいえ入居者以外にも貸せば、「更地評価×約80%-土地評価の約20%減額」という効果はなくなってしまいます。その駐車場全体の土地評価は高くなってしまうのです。
とはいえ、もちろん、この約20%の減額を捨てる代わりに、入居者以外からの駐車場収入が入ってきます。だから、次の2つのことを比較すべきです。
O20%の減額による相続税の節税効果3入居者以外からの駐車場収入があることのメリット-手取り相続の時点で10のメリット>このメリット今回は、すでに父の死期が近いことがわかっていたので、となることは、ほぼ確実でした。
それにも関わらず選択を誤ったために、駐車場部分の全体につき、20%の減額効果を採用できないことになってしまったわけです。今日では、若年世代の車離れが加1速し、以前にはなかった他人と車を共有するカー·シェアリングという制度も流行っています。

そのため、以前は埋まっていた入居者専用の

駐車場が、入居者だけでは埋まらないケースも多々出てきています。では、入居者専用駐車場が埋まらない場合に、何かよい対策はないのでしょうか?例えば、このような考え方があります。駐車場の空いている部分を道路に接している部分に集め、そこにコインパーキングをつくります。

(-入居者に貸している部分を移動してもらい)つまり、駐車場を、入居者専用の駐車場コインパーキングに区切ってしまうのです(コインパーキング部分は評価減はできません)。と「入居者専用の駐車場につき、約20%の減額を維持できる」、「コインパーキングの収入が入ってくる」というメリットだけではありません。
このやり方は、コインパーキングを道路に面した部分に設置することにより、次の2つの効果があるのです。入居者専用の駐車場が公道に接する距離が短くなる入居者専用の駐車場の土地の形が悪くなるこれにより、入居者専用の駐車場の土地評価がさらに下がる可能性があるのです。
多角的に考えて節税対策を行わないと、相続税は、大きな損を生んでしまう可能性があります。入居者専用の駐車場が空いているケースは多いので、この話を考えてみてください。入居者専用駐車場を集約し、入居者以外に貸す部分と明確に分けるようにすることで、ちなみに、コインパーキングまで併設しなくても、同様の土地評価減の効果を維持することもできます。
相続税は納税額が大きくなることも多く、ちょっとしたミスが数百、数千、数億円という違いになって出てくることもあるので注意が必要です。

更地の評価は2つに分けると下げられる

利用区分で分けるか、

遺産分割で分けるか

◆土地の評価は路線価×mリで計算されることが原則です。

相続税の場合、ここでは、土地の利用の仕方相続開始前の対策遺産分割の方法相続開始後の対策による相続税の節税対策をお伝えします。
例えば、下記の土地(更地)があったとします。2つの道路に接した角地200m2·片方の道路の路線価が100万円·もう片方の路線価が50万円この土地の場合、一般的な住宅地区を前提として、普通に評価すると以下のようになります。

特定の財産の相続人が

に投稿

北中曾根を考える会

耐震偽装

さまざまな資料で問題点を洗い出してから調査に来ます。税務調査官は事前に、被相続人、相続人、孫などの親族の銀行口座などの反面調査も含めた、例えば、次のようなことです。「配偶者や子供、孫などの預金口座に多額の預金がないか?」「死亡日前に引き出された預金は現金として計上されているか?」「多額の借入金がある場合、それに見合う相続財産があるか?」「不動産、株式の売却代金が相続財産と見合っているか?」さりげなくいろいろなことが質問されます。
世間話や雑談から入り、最初にされる代表的な質問は、税務調査が始まって、次の5点です。

◆被相続人の死因について

例えば、意思能力が長い間なかったにも関わらず、死亡日の1週間前に贈与契約があったらおかしいわけです。

被相続人の趣味、人間関係、経歴、職歴など所有している財産骨董品などの推定のためなどです。
被相続人の財産の管理状態誰が管理していたかなど

相続人名義の定期預金も含め、書き換えに伴う書類の筆跡は誰のも被相続人と相続人の財産が区分管理されているかなどを知りたいのです。金融機関への反面調査により、のかなどもチェックされます。

◆相続人の職業、

収入など相続人の収入と相続人名義の預金残高のバランスなどを比較します。
専業主婦の方の銀行口座に何千万円もあったら、その貯蓄の経緯などが確認されます。

◆ゆうちょ銀行や農協を利用していたかどうか

「ゆうちょ銀行の貯金は申告しなくてもばれない」そこに申告されていない多額の貯金がある場合も想定されるからです。と思っている方がおり、また、相続人が他の相続人も含めた氏名、職業などを書かされることもあります。これはその情報を知りたいだけでなく、その相続人の筆跡を残しておきたいという意味が大きいのです。預貯金の振込用紙などに記載された筆跡と比べ、これが検証される場合もあるので覚えておいてください。次のようなことも質問されます。
その他には、「被相続人の住所地はずっとここですか?」以前に住んでいた場所があれば、その近辺に相続財産がないかを確認するためです。遺言書はありましたか?その場合は遺産分割協議書のコピーが申告書に添付されているので、遺言書があるならば、遺産分割は、遺言の内容ではなく、相続人で話し合ってすることも可能です。

町田市コミュニティバスそこに記載されている財産が申告書に網羅されているかをチェックしたいのです。「過去に不動産や株の売却はありませんでしたか?」その資金はどうなっているかを知りたいということです。借入金の使い道を教えてください借入金に対応する財産の状況、相続人名義の財産などになっていないかを知りたいということです。

「毎月の生活費はどのくらいでしたか?」生活費等の差引額と相続財産のバランスは取れているか?タンス預金収入、いわゆるはないかのチェックです。過去に赠与はありましたか?その贈与が適法に成り立っているかを確認したいのです。
貸金庫はありますか?すでに存在がわかっている場合もあるし、貸金庫の入退室記録は入手可能です。とくに、死亡日前後や税務調査の連絡があった後の入退室記録はチェックされます。
「同族会社の場合、被相続人以外の株主は本当に出資しているか?」被相続人以外の株主は単なる名義借りの状態名義株ではないかを確認し、名義株であれば、被相続人以外の名義の株式も相続財産となります。
家の中に金庫はありますか?その金庫の中を調べ、漏れている財産がないかをチェックしたいということです。ちなみに、財産漏れを否認されることが多い財産は、次のとおりです。

第1位:現金·預貯金等第2位:有価証券第3位:土地こういうことは毎年のデータから税務調査官もわかっているので、充分に調べられます。長年にわたり適法に贈与されたものであれば問題ありません。とはいえ、税務調査に対して緊張して、怖いという思いを持つ方もいるかもしれません。税理士に税務調査の立会いを依頼することも重要ですが、事前にどんなことが聞かれるかを知っておけば、ある程度の安心もできるというものです。
もちろん、

重加算税その本当は支払う必要ないのかも

「隠ぺい、

に該当しなければ反論すべき仮装」

◆国税庁からは相続税に関するさまざまなデータが発表されています。

毎年、これらのデータからは、全体の申告の件数「申告全体における遺産額別の構成比」税務調査の件数、否認された件数重加算税がかけられた件数申告漏れの財産の「無申告だったものに対する税務調査の件数」額と構成比などがわかります。

住宅が高いから安くしろ

将来行いたい

住まいの履歴書
この中からいくつかのデータを抽出してお話ししたいと思います。まず、税務調査になる確率です。直近のデータでは、約5万4000人の方が被相続人として相続税の申告対象になりました。毎年の税務調査の件数は約1万2000件です。そして、だから、申告全体の20%超は税務調査の対象になるということです。また、税務調査を受けた場合、何らかの項目が否認される確率は80%超です。さらに重加算税までかけられる確率は約10%です。
この否認されたケースのうち、重加算税がかかるということは、仮装という行為があったことが前提です。隠ぺい、隠ぺい仮装そして、やとは、以下のような行為と判断されています。この少し読みにくいですが、国税不服審判所の裁決文から抜粋します一部改定

事実を隠ぺいするとは、課税標準等の計算の基礎となるべき事実を隠匿し、事実を仮装するとは、財産あるいは取引上の名義等あるいは、故意に脱漏することをいう。所得、それが事実であるかのように装う等、故意に事実をわい曲することをいう。に関し、ポイントは故意にという言葉が入っていることです。
「隠ぺい、仮装でなければ、重加算税は『法的に』相続税の話に限らず、すべての税目に関して言えることです。
課されない」というのは、不正事実国税庁の事務運営指針では、ホームページに記載。この隠ぺい、仮装というに該当する例として、次のようなものが示されています事務運営指針税務調査における指針(基準)税務調査官は守らなければならないものです。
とは、を国税庁が発表しているものなので、のようなレベルの行為があった場合に重加算税はかかるのです。
ここに記載されていることがすべての事例ではありませんが、~

逆に言えば、単なるミスのレベルであれば、重加算税の対象にはなりません。単なるミスに対して重加算税ですこのレベルに至らないそのため、と言われた場合にはしっかりと反論する必要があります。

重加算税の要件に該当しないにも関わらず、重加算税が課税されているケースがよく事務運営指針を提示する、「適実際の現場では、あるため、文書で反論するなどの正な方法」で反論することが重要です。事務運営指針の存在すら知らない税理士も多いので、適切な反論ができず、重加算税の対象ではないケースにまで重加算税がかかっていることがあります。中には、場合によっては納税は国民の義務ですからと言い放っているケースもあります。納税は国民の義務であることは間違いないですが、支払う必要のない税金を支払う理由はないのです。

相続人の一人が財産隠し!これって連帯責任?

◆本人は重加算税、

その他の相続人はお咎めなしです相続人の1人が財産を隠し、他の相続人にその存在を教えていないことがあります。「隠ぺい、重加算税の対象になります。
これが相続税の税務調査で見つかった場合、仮装」に該当するので、当然、他の相続人はそんな財産があることすら知らない状況です。しかし、他の相続人の相続税額も増えてしまうことは計算構造上、仕方がありません。
もちろん、隠された財産が税務調査で否認をされた場合などは、他の相続人全員に重加算税が課されてしまうのでしょうか?ただ、この場合、財産を隠した相続人だけでなく、これに関して争った裁決昭和62年7月6日があります。
被相続人の不動産収入等を原資として貯蓄された無記名定期預金の存在を相続人の1人(以下、Aこの事例は、と言う)が隠していたものです(無記名定期預金という制度は現在は廃止されています)。これに対し、相続人全員に対して重加算税が課されたのです。
一つの証拠Aに対する重加算税は適法A以外の相続人については無記名定期預金の形成の状況から見て、しかし、国税不服審判所はと判断する一方で、その存在を知っていたと「隠ぺいという行為があったとは認められない」重加算税を取り消したのです。は認められない、と判断し、相続人の1人が被相続人の財産を管理しており、他の相続人に公開していない財産がある、というのはよくあることです。こういうケースでは、申告を担当する税理士すらその財産について知らないままに、相続税の申告が完了してしまいます。隠ぺいをした本人に重加算税が課されるのは当然です。
他の相続人は重加算税の法的要件隠ぺい仮装こういう場合、しかし、であるやに関わっていないのです重加算税は課されないのです。
から、

隠ぺい仮装

の立証責任は税務署側にある

◆財産ごとに重加算税の有無が分かれるワケ

それが重加算税の対象になるのか?ということが争点になる場合があります。
相続税の税務調査があり、申告書に記載されていない財産があった場合、ならないのか?
ここで解説する事例は同じ申告書の中において「計上されていない財産A重加算税の対象」「計上されていない財産B重加算税の対象でない」と判断された事例です平成23年9月27日裁決。まず、この事案の前提条件です。
○平成20年9月·日(R字):相続開始日相続税の申告書には現金50万円が計上されていた申告書に載せた貯金額は相続開始日の農協口座の残高証明書の金額→平成20年6月~9月:相当回数に分けて、約4370万円の現金の引き出しあり(被相続人は入院中で、自分では引き出せない)平成20年7月.日:農協の口座被相続人名義に99万円の現金入金あり平成20年8月13日:農協の出資に対する配当金1689円あり平成20年12月5日:農協の口座が残高不足になり、水道料金の引き落としができなかくなり、相続人は引落口座の変更手続きをしたこれらすべての財産が計上されていなかったことに対して重加算税が課され争われた事案です。
これらの財産(農協の貯金、農協の出資金、引き出された現金)が否認され、「引き出された現金は被相続人宅の寝室のたんす内に保管されていた」、税務調査の際、納税者は「50万円以外に現金はない』と回答」という状況です。この状況の中、国税不服審判所は次のように判断したのです。

分割単独債権

確定的に

農協の貯金について

平成20年12月5日に水道料金の口座振替先を変更しているため、この貯金の存在を認識していたはず税理士から被相続人に関するすべての残高証明書の提出を求められていたが、残高証明書の発行を依頼せず、税理士に貯金の存在を知らせなかった重加算税の賦課は正当である農協の出資金について相続人は農協の貯金の存在を認識しており、この口座に出資金の配当が振り込まれているから、この出資金の存在を認識していた可能性はある農協で口座を開設しているから出資しているとは限らない配当金は少額であり、出資証券と貯金通帳とは別個に存在する相続人がこの貯金の存在を知っていた事実や、出資金に係る配当金が農協の口座に振り込まれていた事実があるからといって、必ずしも相続人が出資金の存在を認識していたということはできない税務署は「相続人が農協との取引の存在を認識していた」相続人が出資金の存在を認識していたとする具体的な事実を何ら示していないと主張するのみで、重加算税の賦課を取り消す現金について被相続人の入院中に相続人が農協の口座から現金を引き出している現金を保管しているにも関わらず、虚偽の答弁をしていたことからすると、税理士と税務調査官に対して、隠ぺい、仮装に該当する重加算税の賦課は正当である今回の相続人には残高証明書の不提出など、現金と農協の貯金に関する重加算税は仕方がないでしょう。

相続財産を故意に隠そうという意思がありましたので、隠ぺい、「税務署側が具体的な立証をしなかったこと」により、重加算税が取り消されています。しかし、農協の出資金に関しては仮装の意図がないこと、そもそも、このケースでは、税理士が相続の申告に不慣れだった可能性が高いです。相続開始日の残高証明書だけで申告するのではなく、「チェックしていれば、税理士は本来なら、過去の通帳の履歴の数年分はチェックする」し、直前の現金引出の事実は簡単に知ることができ、これを申告しないリスクを納税者に伝えるからです。税務調査で必ずチェックされます。
通帳に履歴が残っているにも関わらず、「頭隠とくに、相続開始前の数カ月間における現金引出は、これを申告しないという意思決定は

尻隠さず」と全く同じ状況です。して、もちろん、相続人は税理士にも嘘を言っているので、「税理士に言ったら申告書に載せられてしまうので、嘘をついておこう」という意思があったことも事実です。

この事例から学ぶべきは、脱税はしない税理士にはすべての真実を伝える「重加算税がかかる場合は『隠ぺい、ということは前提として、仮装』が前提であり、その立証責任は税務署側にある」ということです。中には課される必要がない重加算税を課され、これをそのまま認めているケースも多いことも事実なのです。

否認数1位!?名義預金に目をつけられたら

◆過去の類似事例を提示して交渉する

現預金等本書でも何度も書いてきましたが、相続税の税務調査があった場合、最も多く否認されるのはです。
これは被相続人名義の預金が漏れていることもあるでしょうが、相続人や孫名義の預金(いわゆる名義預金)が漏れていることも多いでしょう。
重加算税の対象になるのでしょうか?争った事例では、名義預金が相続財産から漏れていた場合、これにつき、平成11年12月22日裁決があるので解説します。
定期借家権+証券化○前提条件被相続人は生前に不動産を売却し、その売却代金の一部が妻名義の定期預金等約3000万円になっていたこの定期預金等は被相続人が管理していた妻は被相続人から贈与税の配偶者控除の適用により、妻名義の預金を設定した話を聞いていた妻は被相続人の相続税の申告期限前にこの定期預金等を解約し、仏壇、墓地の購入等に充てた新たな定期預金の設定、生活費、この定期預金等が税務調査で見つかり、重加算税の対象になった同じようなケースは世の中に多々ありますが、重加算税までも安易に認めてはいけません。
本税相続税はともかく、実際、国税不服審判所は納税者の主張を全面的に次のように判断しました。

認め、相続税の申告期限前にこの定期預金等の解約手続を行っているから、この存在を申告期限前に認識し、この定期預金等の原資が被相続人が不動産を売却した代金だっまた、妻は定期預金等は被相続人の相続財産と認識していたことは推認できるたことを承知していたので、国税不服審判所が調査した内容、この件に関する全資料を見ても、妻がこの定期預金等について、隠ぺい、仮装したものと認めることはできない推認はできても、隠ぺい仮装とまでは言えない、ということです。
平成23年3月23日裁決

もう一つ事例を見ていきましょう

○前提条件相続財産から名義預金が漏れており、修正申告をした相続人は名義預金を相続人の財産と認識していた被相続人は1人暮らしであった相続人は独立しており、相続人は相続開始の時まで、この名義預金の詳細を知らなかった重加算税が課され、争いになった結果は、納税者の主張が認められ、隠ぺい仮装に該当しないとされました。

その大きな理由は次のようになっています。

神奈川県のマンションの遺品整理と